ニュース News

ダンロップが語る日本のジュニア育成「どんどん選手たちが育っていくような環境づくりを」

現地で開催されたチャンピオンプラクティスの様子。レジェンドのアリシア・モリックさん(真ん中)と全豪ジュニア本戦出場の富田悠太選手(左)、辻岡史帆選手(右)

住友ゴム工業(株)と日本テニス協会共催の「ダンロップ全豪オープンジュニアシリーズ」(「DUNLOP ROAD TO THE AUSTRALIAN OPEN JUNIOR SERIES IN YOKKAICHI」)が2022年11月に三重県四日市で開催された。WOWOWテニスワールドでは本大会の優勝選手や大会ディレクターを取材し、「全豪オープンジュニア」までの道のりを全3回にわたって連載。第3回目となる今回は前後編の2回に分けてお届けする。

2022年で5回目を迎えた「ダンロップ全豪オープンジュニアシリーズ」。昨年は3年ぶりに海外選手の招聘が実現し、国際大会を実施。海外からの選手はこれまで東アジアの選手を中心に招聘していたが、2022年からはアジア・オセアニア地域に広げたことで、アジア全体のレベルアップを図っている。より国際色豊かになった本大会に各国から選手が参戦し、それぞれ夢のグランドスラムに向けて熱い戦いを繰り広げた。

そこで今回、大会のオーガナイザーである鈴掛氏に、ジュニア育成への取り組みや想いを存分に語ってもらった。

――まずダンロップさんで展開されているテニス事業について教えていただけますでしょうか。

鈴掛:ラケット、ストリング、テニスボール、アパレルをメインとしたテニス商材の販売事業があります。私たちは業界・スポーツを育てていく、というのを大事にしており、中長期的にはテニスをやりたいなという子が増えて、その中でダンロップをかっこいいなとか、良い選手も使っているし使ってみたいなと思っていただければといいなと思っています。また今回の「ダンロップ全豪オープンジュニアシリーズ」のようなジュニア関係の大会も開催しています。ジュニア関係ですと、「IMGテニスアカデミー」と「ムラトグルーテニスアカデミー」のパートナーシップを持っているので、そこにいる選手・コーチはもちろんそうですし、集まってくるジュニアの選手もサポートしています。全体的にテニスが盛り上がるように底上げをするというのが、一生懸命やっていることです。

ダンロップ主催の国際大会で優勝し、全豪オープンジュニア本戦出場が決まった富田悠太選手(左)と辻岡史帆選手(真ん中)。本戦前にはオーストラリアのレジェンド、アリシア・モリックさん(右)とのチャンピオンズプラクティスが開催

――テニスオーストラリアと長年協力している「全豪オープンジュニア」関連の取り組みについて、始まった経緯を教えてください。

鈴掛:「全豪オープン」はアジア太平洋地域で唯一のグランドスラムです。 見てくれる、来てくれるお客さんもこの地域の人たちなので、そう考えるとこの地域の若手を育成していくのは将来的に非常に大切な課題だと、テニスオーストラリアも認識しています。ジュニアを育てるというのは私たちの希望とも一致するし、うちはテニスの販売会社もそうですが、タイヤ事業での販売会社もアジア各国にあるので、強みも活かし協力して大会を盛り上げる、ジュニアを育成するというのが最初の合意点ですね。

テニスの世界は欧米中心で、ITFの男子トップ100の選手を見ると、その中にアジア人選手は12月22日の時点で11人しかいないんです。オーストラリア、ニュージーランドを加えても15人。圧倒的に欧米中心のスポーツという状況があるし、実際に行われている大会の数もヨーロッパが6割と多い。そこに対して私たちは何ができるかというと、今「全豪オープンジュニア」本戦のワイルドカードを提供できるというのは大きな強み、魅力的なものだと思いますが、日本で開催する大会自体を国際的なものにすれば、ここに集まってくる選手にとっては、例え「全豪オープンジュニア」に行けなくても、ここで各国のトップの選手と戦ったりできる。こういう大会を通じて、一芸に秀でている海外の選手とか初対面の選手と試合するとか、日本にはいないプレースタイルの選手と対戦するとか、そういったことができるのが大切だと思っています。

――現在ダンロップ社が行っているジュニア育成の取り組みについて教えてください。

鈴掛:大会関係ですと、「ダンロップ全豪オープンジュニアシリーズ」以外にも、各地のテニス協会さんとお付き合いさせていただきながら、大会運営をやっています。「全日本ジュニア」や「MUFGジュニア」といった大会もこれまでサポートしてきました。ジュニアの活動ですと、TEAM YONEZAWAというチームがあって、「IMGテニスアカデミー」と「ムラトグルーテニスアカデミー」という世界のトップアカデミーと提携して、ジュニア育成に取り組んでいます。そういったアカデミーに、世界各地のジュニア選手を集めて集中的にキャンプを行い切磋琢磨する機会を提供するということをしています。

本戦前にジョン・ケイン アリーナで練習する富田悠太選手、辻岡史帆選手

――支援を行っている背景にある目的・目標を教えてください。

鈴掛:現在楽しむネタが溢れていて、スポーツじゃなくて良い、テニスじゃなくても良いと、社会的にもなっていっていると思います。そういう点に対してテニスオーストラリア、JTA、地域のテニス協会と協力して「ダンロップ全豪オープンジュニアシリーズ」をやっているのは、テニスやスポーツを楽しむ人が地域、国内、そして海外でも輪が広がり、流れが活性化していくようなものを作っていきたいからで、そういうのは大切にしていますね。結果的にテニスを見たり楽しんだりする人たちが増えて、ファン層が分厚くなってくれれば、ということがブランドとしても大切にしていることです。

――ジュニア育成をしてきて実を結んでいるなと思う事や、苦労したことを教えてください。

鈴掛:選手達はこの「ダンロップ全豪オープンジュニアシリーズ」をきっかけにしてくれていて、成長曲線というのがランキングでも見えます。(2018年・2019年大会で優勝した)チャクラム コールマン・ウォン選手(香港)は「ラファナダル・アカデミー」でいつも練習していたりとか、すごく嬉しいことですね。他にも松田絵理香選手、原﨑朝陽選手、木下晴結選手なども、この大会の経験をその後に繋げていってくれているというのは嬉しいことで、この流れを進めていきたいなと思っています。

大変だったのは、コロナの影響が大きかったことです。過去2年は国際大会が開催できず、入国に関するところとか、大会に来てもらうためのルールなどケアしなければいけないことが多くて、さらにそれがどんどん変わっていくところが大変でした。それでも想いをもってやっているので、主催側も頑張れているんじゃないかなという気はします。

実際1つのブランドができることには限りがあると思います。ですがブランドの垣根を越えて他の企業の方と一緒にできたりとか、そういう風にやっていけると、テニスの発展、盛り上がりに貢献していけると思っています。最近、選手も自分でYouTubeをやったり大会を開催したりしているので、そういう人たちとも上手く絡んでやっていけたら業界だったり社会に対して貢献していけるかなと考えています。

――今後の展開についてお聞かせください。

鈴掛:今までアカデミー関係で「IMGテニスアカデミー」と「ムラトグルーテニスアカデミー」と3、4年間パートナーシップを結んできていますが、まだまだ一緒にどう育てていくのかというのは余地がたくさんあると思います。上手く関係を活用して、どんどん選手たちが育っていくような環境づくりをきちんとしていくのと、あわよくばそこから良い選手が出てきて、目立つようになっていってもらいたいですね。

「ダンロップ全豪オープンジュニアシリーズ」のような大会に関しては、「全豪オープンジュニア」とも契約更改したので、彼らとの関係も5年間で発展的に育ててこられていると思っていますし、ジュニアの登竜門という位置づけの国際大会とみんなに認知していただけるようにしたいです。海外、国内の選手が「あの大会に出られるように頑張ろう」と思っていただける流れを作っていけたらいいなと思います。

ジュニア育成について存分に語っていただいた鈴掛氏。今後も日本のジュニア育成に真摯に取組むダンロップに、日本、そしてアジア・オセアニア地域のテニスの盛り上げとなる取り組みを期待したい。

次回は「ダンロップ全豪オープンジュニアシリーズ」のサポートをしたオーストラリアテニス協会のフランシス・ソイヤー氏へのインタビューの様子をお届けする予定。

(WOWOWテニスワールド編集部)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. ダンロップが語る日本のジュニア育成「どんどん選手たちが育っていくような環境づくりを」