ニュース News

全豪オープンジュニア本戦に挑む富田悠太&辻岡史帆 ダンロップ主催の国際大会を勝ち抜きグランドスラムへ「機会を頂いたからには優勝を」

全豪オープンジュニア本戦に挑む辻岡史帆選手(左)と富田悠太選手(右)

住友ゴム工業(株)と日本テニス協会共催の「ダンロップ全豪オープンジュニアシリーズ」(「DUNLOP ROAD TO THE AUSTRALIAN OPEN JUNIOR SERIES IN YOKKAICHI」)が2022年11月に三重県四日市で開催された。WOWOWテニスワールドでは本大会の優勝選手や大会ディレクターを取材し、「全豪オープンジュニア」までの道のりを全3回にわたって連載する。第2回目となる今回は、本大会で優勝した富田悠太選手(ノア・テニスアカデミー神戸垂水)と辻岡史帆選手(SYT月見野テニススクール)へのインタビューの模様をお届けする。

過去2年間、新型コロナウイルスの感染拡大により海外選手を招聘できていなかった「ダンロップ全豪オープンジュニアシリーズ」。しかし2022年は3年ぶりにアジア・オセアニア地域のトップ選手の招聘が実現し、「全豪オープンジュニア」のワイルドカード選手権も復活した。

富田選手と辻岡選手は同大会を制し、見事オーストラリアへの切符を手にした。富田選手は2021年大会の決勝で敗れた経験を持つが、2022年大会は最後まで勝ち切り見事優勝を果たした。辻岡選手はグループステージから決勝まで5試合すべてストレート勝ちと圧倒的な強さでタイトルを獲得。この結果、「全豪オープンジュニア」本戦という夢の舞台で活躍するチャンスを得た。そんな2人に、意気込みや勝つためのトレーニングの秘訣などについて伺った。

現地でチャンピオンズプラクティスが開催。オーストラリアのレジェンド、アリシア・モリックさんから指導を受ける

――「ダンロップ全豪オープンジュニアシリーズ」を優勝し「全豪オープンジュニア」本戦出場が決まったことについて、家族や友人など周囲の反応はどうでしたか?

富田:親は「良かったね」と言ってくれました。ジュニアの中で一番大きな大会で、目指していた大会だったので、そこに出場できるようになったことはまずは良かったなと思います。コーチ陣たちは「出場がゴールじゃないから」と、その後の結果を求めるためにまた練習しようと言ってくれたので、今はモチベーションが高まっています。

辻岡:「全豪オープンジュニア」に出場できるということで、みんな「すごいね!」みたいな、他の大会で優勝した時と比べると反応が違いました。

――今大会には3年ぶりに海外の強豪選手が集まりました。国内大会との違いはなにか感じましたか?

富田:2021年大会は国内選手のみで、全国大会で対戦したことがある選手ばっかりだったので、ほとんど全国大会のような気分で試合をしていたんですけど。今回は海外から選手が集まっていて、いつもとは違う緊張感もあり、「全豪オープンジュニア」本戦に繋がるということで、とても気合が入っていました。

辻岡:やはり国内大会は全日本ジュニアと出場している選手があまり変わらないので、知っている人も多いんです。国際大会は知らない選手も多く、海外の選手はメンタルが強い選手が多くて、あまり折れてくれない。ずっと集中していなければいけないので大変です。

全豪オープンが開催されるメルボルンにて早速練習を開始する辻岡史帆選手

――今大会を戦って感じた課題はありましたか?

富田:今回はプレーの質よりも勝ちを意識したんですけど、グループステージでも危ない試合があったり、最終セットにもつれ込んだりという展開もありました。今回は勝ちきれましたけど、そういうところで落としてしまうこともあると思うので、コーチ陣と話して課題を共有し合いました。「全豪オープンジュニア」に向けてもっと質を上げていって、いつもの自分よりも強い自分を出せるように、メンタル面・フィジカル面を今強化しています。

辻岡:レベル的には全体的に底上げしなければいけないなと思いました。特にサーブ力をもうちょっと上げたいなと考えています。

――「全豪オープンジュニア」までにどういったトレーニングをしていきますか?

富田:最近、ナショナルトレーニングセンターで綿貫陽介選手(フリー)、伊藤竜馬選手(橋本総業ホールディングス)、望月慎太郎選手(IMG Academy)というトッププレーヤーと一緒に練習させていただきました。本当にレベルの高い練習だったこともあり、自分のモチベーションも上がっています。トレーニング法も色々教えていただいて、自分に足りない点や今後に必要なことを1から指導してもらい、それをコツコツと今取り組んでいます。以前よりもプロになるには何をするべきかというのを考えながら練習していて、そういった気持ちの部分から練習の質も変わってきているのかなと思います。

辻岡:筋トレは前からやっていたんですけど、とにかく今はサーブの打つ数を増やしています。日々の練習では圧倒的にストロークの練習が多いので、できるだけサーブの量を増やしています。筋トレでは肩回りと腹筋、背筋を鍛えています。

全豪オープンジュニアの前哨戦であるトララルゴンジュニア国際に出場。辻岡史帆選手は見事本戦入りし、2回戦まで勝ち進んだ

――今大会を優勝して「全豪オープンジュニア」本戦の出場権が与えられたように、世界の舞台へ挑む機会が設けられていることは選手としてどう感じていますか?

富田:日本でこういうチャンスを与えてくださるというのは貴重だと思います。ジュニアのトップの大会に出られるのは嬉しいですが、出場がゴールではなく結果を残して、僕がプロになるまでの良い経験にできればと思います。

辻岡:ITFツアーを周ってポイントを稼ぐよりも近道だと思っていて、とてもありがたい機会だと思っています。

ジョン・ケイン アリーナで練習する富田悠太選手

――国際大会でしか得られない経験というのはありますか?

富田:国際大会は国内大会と違い、色んな特徴がある選手が集まるので、日本人はプレースタイルが同じ選手が多い中、海外の選手は人それぞれ違うんです。そのため毎試合緊張感がありますし、試合の中で対策を考えないといけないのでそこが難しいところでもあります。でも僕はそういう点も楽しいと思う人なので、国際大会は好きですね。

辻岡:国内大会はみんな知り合いなので「練習やろう」と声をかけやすいんですけど、国際大会で勝ち上がった時に日本人選手がいなくて、海外の選手に練習を誘う時は英語で話さなければいけないので緊張しました。今は英語を勉強するようにしています。

――オーストラリア滞在中にしたいことは?

富田:あまりどこに行きたいとかはなく、そこでしっかり試合に備えたいなと思います。観光はどこの国でも行かないんですよね。観光に行く時間があったら寝ていたいという(笑)その国の特徴を知るために観光した方が良いと言う人も多いんですけど、練習で疲れると休んでいたいと思ってしまいます。大会後に時間があればいいんですけどね。

辻岡:オーストラリアに行くのは初めてなんですが、テニスしかしないと思います(笑)

――テニス以外の好きなことや、ハマっていることはありますか?

富田:カラオケとかはよく行ったりします。声がすごく高い歌を歌って、喉をつぶしたりしていますけど(笑)あいみょんとか、中島みゆきとか、色んな曲を歌います。他にはYouTubeを見ていますね。ねぱーる(テニス系YouTuber)くんと仲良くさせていただいていて、LINEも交換しました。

辻岡:本を読むのが好きです。物語系の本とか、小さい頃から本を読むのが好きだったんです。好きな作家さんは重松清さんで、おすすめは「くちぶえ番長」という本です。すごく面白いですよ。カラオケは全然いかないですね。YouTubeもそんなに見ないですが、音楽は聴きます。K-popが好きで、好きなグループはTOMORROW X TOGETHERです。

アリシア・モリックさんとのチャンピオンズプラクティスにて。アドバイスを受ける辻岡史帆選手

――好きな選手(辻岡選手=イガ・シフィオンテク、富田選手=西岡良仁)について、どんなところが好きですか?参考にしているプレーはありますか?

富田:身長がなくてもガッツがあってどんなボールでも返して、すごく考えたプレーをするなと思っていて。最近「Yoshi's Cup」で西岡選手のこういうところが好きだと気付いたことがあって、それは「Yoshi's Cup」で誰よりも現地で動いていたところ。現地でスタッフさんもたくさんいらっしゃって、大人数だったんですけど、その中でずっと動いていて、段ボール運んだりとか指示出していたりとか、そういう人間性が素晴らしいですし、僕もそういう人になるべきだなと思いました。

辻岡:シフィオンテク選手は、前に入るプレー、ライジングが早くて、ボールをとらえるタイミングが早いんです。その動きを真似したいなと思って結構見ています。

――最後に、「全豪オープンジュニア」へ向けての意気込みをお願いします。

富田:今回チャンスを頂けて、本当に優勝しか狙ってないですし、僕のプレーを思う存分に発揮できる大きな舞台だと思います。自分はチャレンジャーで、相手は僕のことをあまり知らないと思うので、全員が僕を恐れるくらい、思いっきりプレーして勝ち上がり、優勝をつかみ取りたいと思います。

辻岡:初めてのグランドスラム出場になるんですけど、機会を頂いたからには優勝を目指して頑張りたいと思います。

夢のグランドスラムを前に、力強く“優勝”という目標を掲げた二人。「ダンロップ全豪オープンジュニアシリーズ」で得た国際経験を糧に、オーストラリアの地でどんな活躍を見せてくれるのか、期待して見守りたい。

次回の連載第3回では、「ダンロップ全豪オープンジュニアシリーズ」のオーガナイザーであるダンロップの鈴掛彰悟氏と、今大会をサポートしたオーストラリアテニス協会のフランシス氏が、ジュニア育成への取り組みや想いについて存分に語ったインタビューをお届けする予定なので、お楽しみに。

(WOWOWテニスワールド編集部)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 全豪オープンジュニア本戦に挑む富田悠太&辻岡史帆 ダンロップ主催の国際大会を勝ち抜きグランドスラムへ「機会を頂いたからには優勝を」