ニュース News

「全豪オープンジュニア」本戦出場をかけたジュニアの国際大会、決勝トーナメント進出者が決定!

四日市テニスセンター

3年ぶりにアジア・オセアニア地域のトップ選手を招聘して行われているジュニアの国際大会「2023 DUNLOP ROAD TO THE AUSTRALIAN OPEN JUNIOR SERIES」(日本・四日市/11月13日~11月16日/ハードコート)。男女ともに決勝トーナメントまで駒を進めた各4名が決定した。

同大会は、アジア・オセアニア地域9ヶ国を代表する男女17歳以下のジュニアのトップ選手が各16名集い、4人1組に分かれてラウンドロビン形式で予選を実施。予選を勝ち抜いた上位1名ずつが決勝トーナメントに進出して優勝を争う。すべての試合は2タイブレークセット、1セットオール後は10ポイントマッチタイブレーク、ノーレット方式が採用されている。そして優勝者には、来年1月に行われる「全豪オープンジュニア」の本戦ワイルドカードが贈呈されることも決まっている。

大会2日目にはラウンドロビンの2・3試合目が行われ、準決勝に進出する男女各4名が決定した。決勝トーナメント進出を決めた選手たちは以下の通り。

<男子>

富田悠太(日本/ノア・テニスアカデミー神戸垂水)
大岐優斗(日本/佐土原高等学校)
神山宏正(日本/Team Yonezawa)
Hayden Menon(マレーシア)

<女子>

辻岡史帆(日本/SYT月見野テニススクール)
Jo-Leen Saw(マレーシア)
Salakthip Ounmuang(タイ)
Jiayou Li(中国)

また、直前に行われた国内大会「2023 ダンロップ ジュニア ワールドチャレンジ イン 四日市」の優勝者も前述の国際大会に出場した。男子の部で優勝を果たした⽔野惺⽮(三重県⽴四⽇市⼯業⾼等学校)と女子の部で優勝した網⽥永遠希(野⽥学園⾼校)はともに2勝1敗で2位となりグループステージ突破ならず。そのほかにも棄権した選手が出た影響で、国内大会から男子は準優勝者の武⽅駿哉(柳川⾼校)と3位の本⼭知苑(三重県⽴四⽇市⼯業⾼等学校)が、女子は準優勝者の前⽥璃緒(A&Aテニスアカデミー)が国際大会に出場したが、いずれも決勝トーナメント進出には至らなかった。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「四日市テニスセンター」提供:住友ゴム工業

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 「全豪オープンジュニア」本戦出場をかけたジュニアの国際大会、決勝トーナメント進出者が決定!