ニュース News

「リポビタン Presents 伊達公⼦×YONEX PROJECT 〜Go for the GRAND SLAM〜」2期⽣第6回キャンプを開催

元世界4位で⽇本テニス界のレジェンドである伊達公⼦とヨネックスが、ともに取り組む⼥⼦トップジュニア育成プログラム「リポビタン Presents 伊達公⼦×YONEX PROJECT 〜Go for the GRAND SLAM〜」の2期⽣第6回キャンプが、9⽉20⽇〜21⽇、神奈川県・荏原湘南スポーツセンター(SSC)にて開催されました。

6⽉のキャンプを経てグランドスラムジュニアを⽬指すために具体的な計画を⽴てた選⼿たち。⽊下晴結は全⽶オープンジュニアに、他の選⼿は全⽇本ジュニア選⼿権に出場しており、そこでの収穫や課題を持ちつつのキャンプ参加となりました。

今回のテーマは「タフさ!」。伊達公⼦と、⽇本テニス協会派遣の中⼭芳徳コーチが、セミナーにてテーマと具体的な内容を解説します。さらに⾼いステージで戦うためには、調⼦の良し悪しだけでなく、勝つための思考や習慣を⾝につけ、⾃分のテニスのスタイルを確⽴させる技術や戦略を学ぶ必要があると説きます。

川⽥真琴トレーナー(R-body project)と館崎雅治トレーナー(⽇本テニス協会派遣)による体作りもテーマに則っており、体幹の強化や股関節の柔軟性を⾼めるメニューや、クイックネス、アジリティにメディシンボールのスローイングを取り⼊れ、ラリーからの切り返しをイメージしたトレーニング等を⾏いました。

ダブルスの動きや流れの実戦練習では、プロジェクトの浅越しのぶ、⽯井弥起、近藤⼤⽣コーチと、JTA 派遣の植⽥実、⼟橋登志久、中⼭芳徳、⼿塚玲美、渡邉隼コーチらが、ゲーム毎に、場合によってはポイント間に気づいたことをアドバイスします。

シングルスではゲーム中、これまでの流れに関係なく、伊達が掲⽰したスコアからポイントを始めるというユニークな練習も展開。突然優勢が劣勢に、劣勢が優勢にもなる中、トライし続けることができるか、試されるものとなりました。

「タフさというテーマを掲げた今回のキャンプですが、夏の試合を⾒てきて、普段の練習と試合ではできることが変わってくる中、いいところも含め、もっと技術的、メンタル的なしつこさが必要だと思いました」と、テーマについて語る伊達。2⽇間で完全に⾝に付くまで⾄らないまでも、繰り返し続けていくことによって「いずれその⼤切さがわかる時がくる」と、継続の重要性を伝えました。

ダウンザラインへの切り返しや、サービス、リターンといった、⾃分からの展開や、1本⽬の⼤切さを認識しつつ繰り広げられた今回のキャンプ。この秋、プロジェクトのジュニアたちは、各々海外の⼤会等に挑戦し、さらなる⾶躍を⽬指します。

「リポビタン Presents 伊達公⼦×YONEX PROJECT 〜Go for the GRAND SLAM〜」
2期⽣第6回キャンプ
⽇時:9⽉20⽇〜21⽇
場所:神奈川県・荏原湘南スポーツセンター(SSC)
参加選⼿:網⽥永遠希(⼤会出場のため21⽇午後から参加)、⽯井⼼菜、岸本聖奈、⽊下晴結、添⽥栞菜、林妃鞠、古⾕ひなた(⽊河優は遠征のため⽋席)
講師:伊達公⼦、浅越しのぶ、⽯井弥起、近藤⼤⽣、川⽥真琴(R-body project)
公益財団法⼈⽇本テニス協会から植⽥実、⼟橋登志久、中⼭芳徳、⼿塚玲美、渡邉隼、館崎雅治

(保坂明美)

写真提供:ヨネックス

◆週刊テニスワールドでは本プロジェクトの様子や参加する選手たちを紹介!
毎週(月)午後8:30~[WOWOWライブ] 番組詳細はこちら

◆女子テニスジュニア育成を応援しよう
「女子テニス未来応援プロジェクト~Go for the GRAND SLAM~」特設ページはこちら
SNSでも情報発信中!アカウントはこちら▶@w_tennisworld

保坂明美

保坂明美

facebook twitter Instagram

テニス雑誌「スマッシュ」の編集長を13年間務める。現在は独立し、WEBサイト「Tennis.jp」の管理や、テニスの技術解説企画、選手関連記事の執筆、本の編集、大会の広報業務などを手がけている。

  1. Home
  2. ニュース
  3. 「リポビタン Presents 伊達公⼦×YONEX PROJECT 〜Go for the GRAND SLAM〜」2期⽣第6回キャンプを開催