ニュース News

最年少世界王者、ヒューイットの殿堂入りセレモニーが開催される

写真は2022年殿堂入りセレモニーでのヒューイット

昨年、国際テニス殿堂入りが発表されたレイトン・ヒューイット(オーストラリア)のセレモニーが、先日ようやくアメリカ・ロードアイランド州のニューポートで開催された。セレモニーには過去の殿堂入り選手も集まり、オーストラリアのレジェンド選手の栄誉を讃えた。米スポーツメディアESPNなど複数メディアが伝えている。

セレモニー前日にAP通信のインタビューで、どのような選手として人々に記憶されたいかと聞かれたヒューイットは少し考え、こう答えた。

「競争者だね。毎日全力を尽くすことを愛し、自分の能力を最大限引き出してきた者として、コートに出るたびにできる限りの力で戦ってきた。僕たちが全力で競い合うことをファンの皆が期待していた。それは、僕自身が誇りに思っていることだ」

オーストラリア生まれのヒューイットは現在41歳。2021年に国際殿堂入りが発表されたが、新型コロナウイルス感染拡大による渡航制限により昨年のセレモニーには参加できなかった。今年は選出された者がいなかったため、セレモニーはヒューイットのためだけに開催されることとなった。ヒューイットは殿堂入りを果たした34人目のオーストラリア人となった。

殿堂入りセレモニーは、「ATP250 ニューポート」準決勝の後にコートサイドで行われた。アンディ・ロディック(アメリカ)やトレーシー・オースティン(アメリカ)など、過去に殿堂入りした元選手8人も祝福に駆けつけた。

ヒューイットはグランドスラムで2度優勝を飾り(2001年「全米オープン」と2002年「ウィンブルドン」)、2001年と2002年に2年連続で年末No.1を達成。2001年に世界王者になった時ヒューイットは20歳8ヶ月26日、史上最年少で世界ランキング1位となった。さらに、世界王者として史上10番目の長さとなる80週間王座を守った。

「違う世代の選手たちとプレーできて幸運だったと思う。アンドレ・アガシ(アメリカ)やピート・サンプラス(アメリカ)など、憧れていた僕のヒーローたちと同じコートに立てた。そして、テニス史上最も素晴らしい3人の選手、ロジャー・フェデラー(スイス)、ラファエル・ナダル(スペイン)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)とも対戦できた」

現役中にシングルス30大会で優勝した他、1999年と2003年にはオーストラリアチームの「デビスカップ」優勝に貢献。1999年にチームの一員として「デビスカップ」に出場したことは、ヒューイットにとって最も印象深い出来事の一つだった。

「たしか当時はまだ18歳だった。チームトップのシングルス選手としてパトリック・ラフター(オーストラリア)がいて、僕は彼に次いで2番手としてプレーした。僕にとって本当に誇りに思う瞬間だった。ずっと憧れて尊敬してきた素晴らしいオーストラリア選手たちと並んで立てたことがね」

2005年の「全豪オープン」で準優勝に終わったヒューイット。後悔はないと言いつつも、祖国でのグランドスラム優勝を成し得なかったことは残念に思っていると語った。「何も変えようとは思わない。でももちろん、達成できたら良かったとは思う。僕にはその力が十分あると感じていたからね」

ヒューイットが最後に優勝した大会は、2014年の「ATP250 ニューポート」だった。その時初めて、殿堂入りのことを意識したという。

「僕はここで大会に出場していた。それまで築いてきたキャリアがあって、僕のキャリアは終わりつつあった。多くの人に、『数年後また戻って来てくれるのを楽しみにしてる』って言われた。多分その時に初めて、[殿堂入りについて]考え始めた」

最後の優勝から8年後、ヒューイットは再び同じニューポートの地で、観客に向けて感謝の言葉を伝えた。

「今日ここに駆けつけてくれた殿堂入り選手たちに感謝したい。あなた達がいなかったら、僕の前に成功を掴み憧れの的となってくれなかったら、こんな風にはならなかったと思う。これまで、信じられないような経験だった。ニューポートはすごく特別な場所で、ここで殿堂入りできることはとてもふさわしいと思う」

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2022年殿堂入りセレモニーでのヒューイット
(Photo by Brian Fluharty/Getty Images for International Tennis Hall of Fame)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 最年少世界王者、ヒューイットの殿堂入りセレモニーが開催される