ニュース News

ナダルをGOATと呼んだ5人とは…シャラポワも?!

2019年マヨルカで練習するナダル

ラファエル・ナダル(スペイン)は今月初旬に14度目の「全仏オープン」制覇を達成し、グランドスラム通算22回優勝と、歴代最多記録を更新した。ナダルは、ロジャー・フェデラー(スイス)、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)と共にビッグ3と称され、長く男子テニス界を牽引してきた。現在、グランドスラム優勝数ではフェデラーとジョコビッチが歴代2位タイの20回でナダルに続いている。

ナダルはグランドスラム優勝数でトップを走るだけではなく、ビッグ3の中で唯一、オリンピックのシングルスで優勝を果たした選手だ。2008年の「北京オリンピック」でシングルスの金メダルを、そして2016年の「リオデジャネイロオリンピック」では男子ダブルスでも金メダルを獲得した。

ナダルはこれまで92大会で優勝し、世界ランキング1位で209週を過ごした。今年の「全豪オープン」を制したナダルは2度目のキャリアグランドスラムを達成。この偉業を達成したのは、男子選手では4人目となる。キング・オブ・クレーの異名を取るナダルは、「デビスカップ」で5回、マスターズ1000大会で36回優勝している。

ナダルのアキレス腱と言えるのは、シーズン末に行われる最終戦のみだ。「ATPファイナルズ」では2010年と2013年の2度、決勝進出を果たしたが、いずれも敗退した(対戦相手はフェデラーとジョコビッチだった)。

ビッグ3のライバルたちとの対戦成績では、ナダルはフェデラーに24勝16敗とリードし、ジョコビッチには29勝30敗と僅かに負けている。

ビッグ3の三人はそれぞれ、多くのテニス選手やファンからGOAT(=史上最も偉大な選手)と呼ばれてきた。今回は、ナダルをGOATと呼んだ5人を紹介する。

1. マーク・ウッドフォード(オーストラリア)

ダブルス元世界王者のウッドフォードは、現役時代にグランドスラムのダブルスで12回、混合ダブルスで5回優勝を飾っている。ウッドフォードは、5人しかいないダブルスでキャリアゴールデンスラムを達成した選手の一人だ。キャリアゴールデンスラムとは、全てのグランドスラム優勝とオリンピック金メダル獲得を達成したことを指す。

2022年の「全仏オープン」でナダルが優勝した後、ウッドフォードはポッドキャスト番組ATP Tennis Radio Podcastに出演し、GOATをめぐる論争について次のように語った。

「もし去年ジョコビッチが年間グランドスラムを達成していたら、僕の中では彼がロジャーやラファより優れていると考えていただろう。だがそれは叶わなかった。まず基準となるのはグランドスラムのタイトル数が最も多いことだと思うから、現時点では、僕にとってラファが史上最も偉大な選手だね」

2. エフゲニー・カフェルニコフ(ロシア)

「シドニーオリンピック」の金メダリスト、カフェルニコフもかつて世界No.1へと上り詰めた選手だ。カフェルニコフは1996年の「全仏オープン」そして1999年の「全豪オープン」と、2回のグランドスラム優勝経験を持つ。さらにダブルスでは4回の優勝を誇る。ナダルが今年の「全仏オープン」で優勝を飾った際、カフェルニコフはTwitterでナダルがGOATであると断言した。

「今は[ナダルが]GOATだ。22勝、今後も増えていくだろう」とカフェルニコフは綴った。

3. マリア・シャラポワ(ロシア)

ナダルをGOATと呼んだもう一人のロシア人選手が、元世界女王のシャラポワだ。グランドスラムのシングルスで5度優勝したシャラポワは、10人しかいないキャリアグランドスラムを達成した女子選手の1人だ。シャラポワは2012年の「ロンドンオリンピック」で銀メダルも獲得している。2018年にシャラポワはローマでナダルとラリーをしている動画をSNSに投稿。キャプションには次のように書かれていた。

「GOATとコートで2分間。すごく緊張した」

後日シャラポワは、この時のことを振り返っている。

「ええ、彼をとても尊敬している。彼の持つ気迫がとても好きなの。あの集中力ね。どのように情熱を燃やすかが問われている気がする。100%出し切る方法しか彼は知らないんだと思う」

「練習スケジュールを見ると、彼は並外れている。彼は2つの大会で優勝して、ローマでは1日3時間練習をしているの。彼は、それが彼にとって上手く働くと知っている。年齢や怪我に関係なく実力を発揮して、大会に出場する。それはとても尊敬できること。だってこのスポーツでは、年を重ねるほど身体的に辛く、大きな負担がかかるものだから」

4. スタン・ワウリンカ(スイス)

2014年、ワウリンカは「全豪オープン」の決勝でナダルを破り、初のグランドスラム優勝を飾った。その後、ワウリンカは2015年の「全仏オープン」、そして2016年の「全米オープン」と、さらに2つのグランドスラムタイトルを獲得している。元世界3位のワウリンカは、2008年の「北京オリンピック」でフェデラーとペアを組み、ダブルスで金メダルを獲得している。

2022年の「全豪オープン」の後、L’Equipeのポッドキャスト番組でインタビューに応じたワウリンカは、ナダルに対する尊敬の念を率直に語った。

「彼がまだ優勝できるということに、驚いてはいないけれど敬服しているよ。驚いていないというのは、彼が他の誰より優れているのは皆知っていることだからね。どんな事が起こっても、ナダルを他のテニス選手と比べることはできない。それは確実だ。それに、彼は怪我をしていた。僕が知る限り、ナダルはキャリアのどんな時も怪我から復帰してきた。4ヶ月、5ヶ月、6ヶ月離脱したとしてもね。そして再びこの舞台で、このレベルで、去年あれだけ厳しい1年を送っていたのに[優勝を成し遂げた]、並外れたことだ。正に彼のキャリアそのものだね」

ナダルが今年の「全仏オープン」に優勝した際には、ワウリンカはヤギ(goat)の絵文字をツイートし、彼にとってのGOATが誰かを明らかにした。

5. イガ・シフィオンテク(ポーランド)

今年の「全仏オープン」で2回目の優勝を飾った現世界女王のシフィオンテクは、これまで何度もナダルに刺激をもらったと語ってきた。今年「WTA1000 ローマ」を制したシフィオンテクは、ナダルのことを「完璧なロールモデル」と呼んだ。さらに、その時点でGOATはナダルだと思うと自身の考えを述べた。

「何度も同じことを繰り返して退屈かもしれないけれど、ラファは常に本当に良い刺激を与えてくれる。彼は、超人的な力を持っていると時々思うの。彼は諦めない。コートに出ると、身体的にも戦術的にも全力を尽くす。彼は完璧なロールモデルだと私は感じている。現時点では、彼がテニス史上最も偉大な選手よ」

(WOWOWテニスワールド編集部)

※2019年マヨルカで練習するナダル
(Photo by Quality Sport Images/Getty Images)

【ウィンブルドン2022】
本大会初!WOWOWオンデマンドで最大10コートを配信
◆詳細はこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. ナダルをGOATと呼んだ5人とは…シャラポワも?!