ニュース News

元世界3位のフェレールがナダルとアルカラスについて語る「今まさに1位と2位」

写真は2021年「Next Gen ATPファイナルズ」でのカルロス・アルカラス(左)とフアン カルロス・フェレロ(右)

デニス・シャポバロフ(カナダ)、フェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)、アレハンドロ・ダビドビッチ フォキナ(スペイン)らは、2019年の「ATP500 バルセロナ」でカルロス・アルカラス(スペイン)が初めてATPツアー大会の予選を戦うのを見に、第1コートにやってきた選手たちのごく一部だ。その時点で、元世界ランキング3位のダビド・フェレール(スペイン)はすでにこの15歳の少年のことを知っていた。彼がフェレールの友人であるフアン カルロス・フェレロ(スペイン)の指導を受けるようになるよりもさらに前のことだ。

フェレールとアルカラスが会ったのは、アルカラスが14歳の時、場所はスペインのハベア・テニスクラブであった。アルカラスのエージェントであり、フェレールとは友人でもあるアルバート・モリナ氏が、二人を引き合わせた。

「やあ、フェル。明日ある子がムルシアから来る」

「ああ、いいね」

「彼は14歳だ」

「14歳?」

「うん、どう思うか聞かせてくれ」

フェレールとアルカラスは、スペインのアリカンテ市にあるこのテニスクラブのハードコートで打ち合いをしただけでなく、タイブレークの勝負もした。「僕を負かすことはなかったにしても、彼はすごくいい勝負をした。彼の打つ球のスピードには驚いたけれど、何よりも僕のフラットな球を彼はものともしなかった。手をとてもうまく使っていたし、動きがすごく速いのもわかった。年齢の割にとてもいいフットワークをしていたし、彼を相手にウィナーを決めるのはすごく難しかった」とフェレールはその日のことを振り返った。

これが、それまで10年間ほぼずっと世界ランキング10位以内にいた選手との、アルカラスの初めての出会いであった。ラケットを握った時の天性の能力に加えて、フェレールは内気ながらも大胆不敵なアルカラスから特別な才能を感じ取った。アルカラスは恐れ知らずな選手であったが、同時にとても敬意に満ちていた。

「賢く見せるためにこう言うのではないけれど、まさにその時、僕は彼の持つ特別なものを目にした。他のどんな選手とも違うものをね。僕はたくさんの年若い少年たちと練習してきた。でも、14歳の少年が僕のテンポにあんな風に対処して、常に敬意を持ちながらもタイブレークで僕を倒したいと思っているのが見えたら、それは彼が何か特別なものを持っているからだ」とツアーレベルで27度の優勝を遂げているフェレールは語った。

フェレールは比較することに乗り気ではないが、会話の中ではどうしてもラファエル・ナダル(スペイン)の名前が挙がる。「若くして学ぶ能力があることや、野心があるという点では、似たものを感じるよ」と18歳にしてマスターズ1000大会で優勝を成し遂げたこの二人の選手について、フェレールは話した。

「これほど若い選手がこんなに成熟しているのは普通のことではない。それに、プレッシャーに対処する様もね。大きなスタジアムで、マスターズ1000大会に出場していて、尻込みをしない。普通なら人前であがるものだと思うけれど、彼にもナダルにもそれがない。彼らは違うんだ」

大胆不敵なアルカラスを賞賛した後で、フェレールは熱心に次のように補足した。「でも彼らを比較するのは好きじゃない。だってラファがやってのけたことは途轍もないからね。彼はテニス界の伝説で、史上最高の選手だ。二人を比べるのはカルロスにとって大きな負担になるだろう。彼は世界1位になれる可能性を持った選手になるだろう。グランドスラムで優勝するチャンスがたくさん訪れるだろう。でも、彼のキャリアは全部これからだ」

確実にわかっているのは、スペインのテニス界に新たな希望が訪れようとしていることだ。フェレールのような選手たちが引退した後、躍進を遂げてATPツアーのトップ選手になることや最大のタイトルを獲得することを目指す選手たちが求められていた。

「彼は僕の代わりになるのではない。だって、カルロス・アルカラスはダビド・フェレールよりいい選手になるだろうからね」と、現在は「ATP500 バルセロナ」の大会ディレクターを務めるフェレールは、素早く指摘した。今年フェレールはこの若い同胞を自身の大会に第5シードとして迎え、アルカラスは同大会のタイトルを勝ち取った。

「ラファを見劣りさせることは誰にもできない。彼がこれまでにしてきたこと、それに今もし続けていること全てがその理由だし、彼は年末の最終戦、“Nitto ATPファイナルズ”の出場選手8人を決めるレースで1番手につけている。僕らが彼ら二人共のプレーを楽しめるのはいいことだ。片方が去ろうとしている時にもう片方がやって来ているのではなく、二人は今まさに最終戦出場権レースで、1位と2位なんだ」

スペインのテニスは、また一人未来の偉大な王者に扉を開いた。そしてその選手は、すでに驚くべき現在を送っている。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2021年「Next Gen ATPファイナルズ」でのカルロス・アルカラス(左)とフアン カルロス・フェレロ(右)
(Photo by Julian Finney/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 元世界3位のフェレールがナダルとアルカラスについて語る「今まさに1位と2位」