ニュース News

ガン闘病中の元世界女王エバートが検診受診を呼び掛け

2016年「WTAファイナルズ」の記者会見に出席するエバート

女子テニス界のレジェンド、クリス・エバート(アメリカ)が、自身の体験を元に定期的な検診の受診を呼びかける動画をSNSに投稿した。テニスメディアTennis.comが伝えている。

元世界ランキング1位でグランドスラムシングルスを18回制したエバートは、今年の1月にステージ1の卵巣ガンであることを明かし、闘病生活に入っている。今は再発を防ぐための化学療法を行っている最中だ。

だがエバートはただ化学療法に耐えるだけではなく、これを検診の重要性を訴える好機と捉え、Twitterに動画を公表。動画は病院の中で撮影され、エバートは複数の薬の点滴を受けながら現在の状況などを説明しつつ、世界に向けてメッセージを送った。

「みんな、検診に行ってね。診察の予約を守ること。1年に1回でも、1年2回でも、必要なすべての検診を受けて」と強く訴えた。「積極的に行動することで、命拾いすることもある。これからも私は口うるさく言い続けるわよ」

動画の中で、エバートは世話をしてくれている看護師、グラディスさんを紹介。「彼女は最高よ」とグラディスさんへの賛辞を贈り、続けて今後の治療について説明した。

「3週目の時に白血球数が少なすぎたから、あと1週待つことになったの。今はもう大丈夫になったから、4週目に入った。あと2週よ」

検診の重要性を説いた後に、エバートの横に座る夫のアンディさんも動画に登場。「彼は素晴らしい、誠実な世話人よ。すごく愛しているわ」

エバートは現在67歳。テニス界の最新情報を常に手に入れるようにしているそうで、「WTA1000 インディアンウェルズ」や「WTA1000 マイアミ」も観戦していたという。

「みんなに会えなくて寂しいわ。いつもの日々に戻れるのが待ち遠しい。みんな、応援してくれてありがとう」と感謝の言葉で動画を締めくくった。

だが私たちの方こそ、闘病中でありながらも私たちの健康を気にかけてくれているエバートに感謝すべきだろう。1日も早い回復を願ってやまない。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2016年「WTAファイナルズ」の記者会見に出席するエバート
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. ガン闘病中の元世界女王エバートが検診受診を呼び掛け