ニュース News

元世界女王エバートが「将来グランドスラム覇者になる」と予言した17歳の選手とは?

2016年「WTAファイナルズ」の記者会見に出席するエバート

テニスの元世界女王クリス・エバート(アメリカ)は、最近のTwitterへの投稿でココ・ガウフ(アメリカ)を絶賛。才能あるガウフは試合で「ちょっとした障害」に出くわすかもしれないとしながらも、選手生活の中で多くのグランドスラムタイトルを獲得すべく歩みを進めているとエバートは語った。スポーツウェブメディアSportskeedaが報じている。

エバートはまた、ガウフは弱冠17歳にしてWTAツアーで「大きな前進」を遂げているのに、なぜ多くの人が未だにガウフに対して懐疑的なのか理解できないと言う。

「どうしてココ・ガウフのテニスに懐疑的になれるのかわからない。彼女は17歳で、プレーでも結果でも大きな前進を遂げている。ちょっとした障害に出くわすことはあるかもしれないけれど、彼女はグランドスラムで優勝する方向に向かっている…」とエバートはツイートした。

現在世界ランキング19位のガウフは、2月下旬の「WTA1000 ドーハ」の3回戦で世界4位だったパウラ・バドーサ ジベルト(スペイン)をストレートで下したばかりだ。ガウフはファーストサーブが入った時に77%という高確率でポイントを獲得し、5度のブレークに成功。試合の最終スコアは6-2、6-3であった。

これこそが、エバートがこのような耳心地の良い言葉を発した理由だ。しかし、グランドスラムで18度の優勝を誇るエバートがガウフを手放しに称賛したのは、これが初めてではない。エバートはガウフの動向を長年追っており、2020年に行われたインタビューでも、ガウフはグランドスラムで優勝するだろうと予言していた。また、エバートは、自分はガウフの「能力と物の見方」に十分な信用を置いている「信奉者」であるとも語っていた。

エバートの当時のコメントはこうだ。「彼女がグランドスラムで優勝する見込みは十分あるわ。今のところ、私は彼女と彼女の能力や物の見方の信奉者よ」

エバートはさらに、ガウフが2021年の「全仏オープン」で準々決勝に進出した時にもガウフを称賛。ガウフはその準々決勝で、後に優勝したバーボラ・クレイチコバ(チェコ)に敗れた。「まあ!ココ・ガウフ。見事なパフォーマンスね!準々決勝進出!見るに美しいわ」とエバートはツイートした。

ガウフ自身も、自分がグランドスラムで優勝できるという手応えを感じているようだ。米CNNが行ったインタビューで、2021年の「全仏オープン」での準々決勝進出についてガウフはこう語っている。「自分にはグランドスラムで優勝する力があるとわかった。グランドスラムの準々決勝に勝ち残るということは、その時点で最高の8人の選手に入っているということ。次はさらにいい結果を出せるといいわね」

ガウフは「WTA1000 ドーハ」で1セットも落とさずにシェルビー・ロジャーズ(アメリカ)、カロリーヌ・ガルシア(フランス)、そしてバドーサ ジベルトを退け、好調をうかがわせていたが、準々決勝でマリア・サカーリ(ギリシャ)にストレートで敗れ、4つ目のWTAタイトル獲得とはならなかった。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2016年「WTAファイナルズ」の記者会見に出席するエバート
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

【全豪オープンテニス2022はWOWOWテニスワールドで!】
全試合・全コートライブ配信!
練習コートや記者会見も無料で配信。
視聴はこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 元世界女王エバートが「将来グランドスラム覇者になる」と予言した17歳の選手とは?