ニュース News

24歳の新チャンピオン、マルチネスは7匹の犬を飼う愛犬家

写真は2020年「全豪オープン」でのマルチネス

ペドロ・マルチネス(スペイン)は、持てる闘争心を全て発揮し、「ATP250 サンティアゴ」で自身初のATPツアータイトルを獲得した。24歳のマルチネスは、決勝で「ネクストジェネレーション・ATPファイナルズ」にも出場したセバスチャン・バエス(アルゼンチン)に最初のセットを取られたところから逆転。クレーコートで行われたこの大会に第4シードで出場していたマルチネスは、決勝までの道のりでジャウメ・ムナール(スペイン)、ヤニック・ハンフマン(ドイツ)、そして地元の声援を受けたアレハンドロ・タビロ(チリ)を下していた。ATPツアーで決勝に進出したのは、今回がマルチネスにとって2度目であった。

この優勝により、マルチネスの世界ランキングはキャリア最高位となる50位まで上昇。優勝後、マルチネスは初タイトル獲得までの旅路について詳しく語った。ATPツアーの公式オンラインメディアがその内容を伝えている。

Q. 初めてのタイトル獲得は、あなたにとってどんな意味がありますか?

とてつもない気持ちだよ。本当に嬉しい。ここ2年間、達成しようとしていたことなんだ。ツアーレベルの大会のほとんどに出場して、今こうして今年の優勝者の一員になれたことは、僕にとって素晴らしいことだ。

Q. あなたは昨年、クレーコートでの「ATP250 キッツビューエル」で初めて決勝に進出し、キャスパー・ルード(ノルウェー)と対戦しました。今日の決勝に出場するにあたって、その経験はどの程度役に立ちましたか?

経験がなかったからあの試合に負けたとは思わない。ただキャスパーが本当に好調だっただけだと思う。またここに来られて嬉しいよ。僕は心理的にも問題なくて、準備ができていて、長い試合になるのはわかっていた。第2セットでブレークされて劣勢にあった時でも、闘い続けた。だから、それが僕に自信をくれたのかもしれないね。

Q. 今年は、大会で2回戦より先に進むことができないままサンティアゴ入りしました。今週チリで急にまた全てがうまく嚙み合った背景には、主にどんな要因があるのでしょうか。

今年は、出場した全ての試合で競い合ってきた。先週はディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)に負けた。試合時間は1時間半以上だったけど、6-1、6-1で彼の圧勝という結果になった。でも、僕は今年の初めから問題なくやってきたと思っている。本当にいい選手たちに負けた。毎試合で闘っていたし、僕の瞬間が訪れようとしているのはわかっていた。すべきことはそういうことだ。辛抱強くしていれば、自分のための瞬間がやってくる。

Q. 今週は熱戦をいくつもくぐり抜けてきて、闘争精神を見せましたね。コート外でのあなたはどんな人ですか?コート上で見せるたくましさは、テニスコートの外でも同じですか?

僕はコートの外では物静かな男だと思う。他の人とのんびり過ごすことや、家にいる時は家族と時間を過ごすことが好きだ。コートに出ていくと、別人になる気がする。気持ちの中で何かが変わって、中には速く進みすぎることや、自分で制御できないこともある。そういう感覚だよ。でも、それが僕にコート上での闘争心をもたらしてくれる。

Q. あなたはテニスクラブのすぐそばの住まいで育ちました。テニスをした最初の思い出やその後の成長について聞かせてくれますか?

僕は6歳の頃からそこに住んでいた。スケートボードを持っていて、コートまでまっすぐそれに乗って行った。自分の時間を全部クラブで過ごした。コーチのナチョは、今の僕の試合に見られる激しいスキルを学ばせてくれた。いつも友達のペペとプレーしていた。今言ったようなことが一番の思い出だ。テニスラケットかサッカーボールを持って、いつもそこにいた。6歳から15歳まで、子ども時代を通してずっとね。

Q. 同胞のラファエル・ナダル(スペイン)が、子どもの頃の憧れの選手でしたね。今シーズンの成績に現れているように、彼が今も圧倒的な立場にあるのを目にするのは刺激になりますか?

ラファが今シーズンに成し遂げたことには言葉もない。彼は以前にも同じことを達成したけど、そのたびに皆を驚かせながら、自分でも驚いていると思う。彼は僕に刺激をくれたし、たくさんの選手に刺激を与えた。それに、スペインには本当にいいテニスの文化がある。そのおかげで、新たなことを達成できるという自信が得られるし、もっとランキングを上げて、今回のようなプレーを続けられるといいと思う。

Q. 人生や選手生活の中で、この節目に到達するのを助けてくれた主な人たちは誰ですか。

もちろん両親だね。僕が子どもの頃に支えてくれた。祖父と家族のみんなが、必要な時に僕を応援してくれた。それに4年半付き合っている僕の彼女は、僕が行くと決めた場所にいつも一緒に来てくれる。何度か家を引っ越しても彼女はいつもそばにいてくれて、大きな支えでいてくれる。

Q. テニス以外で一番情熱を注いでいるものは何ですか?あなたは犬が好きで、レアルマドリードのファンだと聞いていますが。

犬は7匹飼っているよ!1匹はここサンティアゴで2019年に保護した。チャレンジャー大会出場のために来た時に、道で子犬を見つけたんだ。ゴミを漁って食べ物を探していたから、その犬を拾って「家に連れて帰らなきゃ」って言った。その犬は今スペインにいるよ。スクービーっていう名前だ。

友達と出かけるのも好きだ。自宅で過ごすのも好き。テニスをしていると移動がすごく多いからね。他のスポーツを見るのも好きだし、スペインで食べられるおいしいものを食べに行くのも好きだ。

数年前に亡くなった祖父が、僕が小さい頃からレアルマドリードのファンだったから、僕もレアルマドリードを応援している。毎週末、リーグで彼らがプレーする時は情報を追っているし、友だちとゲームの「ファンタジーフットボール」をやる。だからサッカーにはすごく関心があるよ。

Q. 今回の優勝は選手生活における区切りとなる瞬間です。この勝利をどんな風にお祝いしますか?

間違いなく、今夜はおいしい夕食を食べる。コーチと一緒にビールを飲もうかな…。こういうことを成し遂げたらお祝いをしなきゃね。もし負けていたとしても、同じようにしたと思う。明日は「デビスカップ」会場に行くために飛行機に乗るんだ。どんな夜になるかはお楽しみさ!

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2020年「全豪オープン」でのマルチネス
(Photo by Mark Kolbe/Getty Images)

空いた時間にテニスがしたい。そんなあなたのための単発レッスン予約サービス「テニモ」
単発レッスン予約、都度払いでOK。入会金、月会費は0円。関東中心にサービスを展開中。
詳細はこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 24歳の新チャンピオン、マルチネスは7匹の犬を飼う愛犬家