ニュース News

ビッグ3、ビッグ4時代を総括!ATPランキングで世界1位になった選手たち【後編】

写真は「ウィンブルドン」でのジョコビッチ(左)とフェデラー(右)

1973年にATP(男子プロテニス協会)のランキングシステムが導入されて以来、これまでに26人の男子選手が世界ランキング1位の座に就いてきた。その中には4年以上続けてトップの座を守った人もいれば、“一週天下”に終わった人もいる。2月28日にダニール・メドベージェフ(ロシア)が27人目の世界1位になることが確定したのに合わせて、これまでの26人全員をまとめてご紹介。さらに、そのうち注目の10人を前後編に分け、トピックとともにお伝えしよう。

まず、これまで世界1位になった26人は以下の通り。(日付は初めて世界1位になった日)

【ATP歴代世界ランキング1位】
イリー・ナスターゼ(ルーマニア)1973年8月23日
ジョン・ニューカム(オーストラリア)1974年6月3日
ジミー・コナーズ(アメリカ)1974年7月29日
ビヨン・ボルグ(スウェーデン)1977年8月23日
ジョン・マッケンロー(アメリカ)1980年3月3日
イワン・レンドル(アメリカ)1983年2月28日
マッツ・ビランデル(スウェーデン)1988年9月12日
ステファン・エドバーグ(スウェーデン)1990年8月13日
ボリス・ベッカー(ドイツ)1991年1月28日
ジム・クーリエ(アメリカ)1992年2月10日
ピート・サンプラス(アメリカ)1993年4月12日
アンドレ・アガシ(アメリカ)1995年4月10日
トーマス・ムスター(オーストリア)1996年2月12日
マルセロ・リオス(チリ)1998年3月30日
カルロス・モヤ(スペイン)1999年3月15日
エフゲニー・カフェルニコフ(ロシア)1999年5月3日
パトリック・ラフター(オーストラリア)1999年7月26日
マラト・サフィン(ロシア)2000年11月20日
グスタボ・クエルテン(ブラジル)2000年12月4日
レイトン・ヒューイット(オーストラリア)2001年11月19日
フアン カルロス・フェレロ(スペイン)2003年9月8日
アンディ・ロディック(アメリカ)2003年11月3日
ロジャー・フェデラー(スイス)2004年2月2日
ラファエル・ナダル(スペイン)2008年8月18日
ノバク・ジョコビッチ(セルビア)2011年7月4日
アンディ・マレー(イギリス)2016年11月7日

■パトリック・ラフター(オーストラリア)

世界1位在位期間:1999年7月26日
グランドスラム優勝:2回
ツアー優勝:11回

パトリック・ラフター(オーストラリア)は26人の中で唯一、1週間だけの在位に終わっている。彼は遅咲きの選手で、1997年に当時世界2位のマイケル・チャン(アメリカ)らを破って優勝した「全米オープン」が24歳にして2つ目のタイトルだった。しかしそれでブレークを果たすと、翌1998年はキャリア最多の6タイトルを獲得。世界1位のサンプラスらを下して「全米オープン」連覇を果たした。そうした活躍が実を結び、1999年7月26日にアガシから1位の座を奪う。しかし、1999年は3連覇が懸かった「全米オープン」で怪我により1回戦でリタイア。一旦トップ20から陥落した後、2001年に4位まで浮上したが、再び首位争いをするには至らなかった。

※2011年「全豪オープン」でのパトリック・ラフター
(Photo by Lucas Dawson/Getty Images)

■ロジャー・フェデラー(スイス)

世界1位在位期間:2004年2月2日~2008年8月11日ほか
グランドスラム優勝:20回
ツアー優勝:103回

フェデラーは、2004年の「全豪オープン」で前年の「ウィンブルドン」に次いで2度目のグランドスラム優勝を遂げた直後の2月2日、アンディ・ロディック(アメリカ)から1位の座を奪う。そこから毎年グランドスラムの複数大会で優勝して絶対王者の名をほしいままにしていたが、2008年の「ウィンブルドン」決勝でラファエル・ナダル(スペイン)に6連覇を阻まれ、ほどなく1位の座もさらわれることに。しかし237週、およそ4年半も続いたこの連続在位記録は10年以上経った今でも他の追随を許さない。以降も何度か王者に返り咲いてきたフェデラーは、アガシを抜いて世界1位の最年長記録保持者でもある。また、ツアー優勝回数で100の大台を突破しているのは、109回のコナーズと103回のフェデラーだけだ。

※2004年「全豪オープン」優勝トロフィーを抱えるフェデラー
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

■ラファエル・ナダル(スペイン)

世界1位在位期間:2008年8月18日~2009年6月29日ほか
グランドスラム優勝:21回
ツアー優勝:90回

2005年の「全仏オープン」でグランドスラム初優勝を飾った後ほどなくしてからずっとフェデラーに次ぐ世界2位だったナダル。その状態が丸3年を迎えた直後の2008年8月18日、「ウィンブルドン」でフェデラーを破ったことでようやく世界1位に到達。しかし、翌2009年に4連覇中だった「全仏オープン」で4回戦敗退、フェデラーに同大会と「ウィンブルドン」のタイトルとともに、1位の座も持っていかれた。56週の連続在位期間は、ビッグ3のライバルはもちろん、サンプラスやレイトン・ヒューイット(オーストラリア)、ジョン・マッケンロー(アメリカ)よりも短い8番目の数字だ。通算在位期間(209週)も全体の6番目と、世界1位争いではやや後塵を拝している。しかし、先月の「全豪オープン」を制してグランドスラム最多優勝21回と単独トップに立った。

※2019年「全米オープン」でのナダル
(Photo by Al Bello/Getty Images)

■ノバク・ジョコビッチ(セルビア)

世界1位在位期間:2011年7月4日~2012年6月25日ほか
グランドスラム優勝:20回
ツアー優勝:86回

ノバク・ジョコビッチ(セルビア)は2007年7月に初めてフェデラー、ナダルに次ぐ世界3位となって以来、ずっと彼らの後を追い続けてきた。そして2011年7月4日、「ウィンブルドン」決勝でナダルを破った直後に初の世界王者に。しかし翌2012年、タイトル防衛に失敗。自身を準決勝で破ったフェデラーに王者の称号も渡すことに。それから2年後の「ウィンブルドン」でフェデラーに雪辱を果たし、3度目の世界1位に就くと、122週にわたってその座を守った。2018年からの4年間で8つのグランドスラムタイトルを獲得し、2021年3月には世界1位在位期間でフェデラー(310週)を抜いて歴代1位に。その記録を今月21日時点で361週まで更新していた。

※2020年「全豪オープン」でのジョコビッチ
(Photo by Recep Sakar/Anadolu Agency via Getty Images)

■アンディ・マレー(イギリス)

世界1位在位期間:2016年11月7日~2017年8月14日
グランドスラム優勝:3回
ツアー優勝:46回

ビッグ3が世界1位の座を争うようになった後で唯一そこに割って入り、一時は彼らとともにビッグ4と呼ばれたアンディ・マレー(イギリス)。「ウィンブルドン」2度目の優勝をはじめ、「リオデジャネイロオリンピック」で2大会連続となる金メダルに輝くなどキャリア最多の9大会で優勝した2016年、「ATP1000 パリ」でシーズン8冠目を手にした後、ジョコビッチから世界王者の座を奪い取った。しかし翌年、肘や股関節の怪我に悩まされ、大会の欠場や早期敗退が相次ぐように。ベスト8で敗退した「ウィンブルドン」でシーズンを終えることになり、41週でナダルに王座を明け渡した。以降は王者争いから遠ざかっている。

※2019年「全豪オープン」でのマレー
(AP Photo/Andy Brownbill)

※記事サムネイル写真は「ウィンブルドン」でのジョコビッチ(左)とフェデラー(右)
(Photo by Shaun Brooks/Action Plus via Getty Images)

空いた時間にテニスがしたい。そんなあなたのための単発レッスン予約サービス「テニモ」
単発レッスン予約、都度払いでOK。入会金、月会費は0円。関東中心にサービスを展開中。
詳細はこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. ビッグ3、ビッグ4時代を総括!ATPランキングで世界1位になった選手たち【後編】