ニュース News

ルード「テニスの最初の記憶はテレビで見たナダルの全仏オープン初優勝」

写真は2022年「ATP250ブエノスアイレス」でのルード

テニスの世界ランキング8位の23歳キャスパー・ルード(ノルウェー)は、自身がプロテニス選手になる道を歩むようになった火付け役はラファエル・ナダル(スペイン)であったと明かした。テニスチャンネルが行ったインタビューの中で、ルードは2005年にナダルが「全仏オープン」で初優勝した時のことを振り返り、それがテニスをしようというモチベーションを得た瞬間だったと語った。スポーツウェブメディアSportskeedaが報じている。

ルードが大きな舞台でプレーしたいと決心したのは、ナダルがパリで優勝するのを見てからのことであったという。「テニスについての僕の最初の記憶は、テレビでラファエル・ナダルを見た時のことだ。彼が初めて“全仏オープン”で優勝した時だよ。いつか自分も大きな舞台でプレーしたいと思ったのを覚えている。それが、僕に最初のモチベーションをもたらした」

ルードはさらに、自分の世界ランキング上昇に貢献した2021年の「ATP1000 モンテカルロ」と「ATP1000 マドリード」での勝ち上がりに対する感謝を示した。ルードは、自分が新たに自信を得られたのはこの2大会で勝ち進めたおかげだと考えている。ルードによると、これらの大会のおかげで、自分は世界最高の選手たちと肩を並べられると信じることができたという。

ルードはこの2つのマスターズ1000大会にノーシードで出場し、両大会で準決勝に進出。その過程で、合わせて5人のシード選手を破っている。最終的に、「ATP1000 モンテカルロ」ではアンドレイ・ルブレフ(ロシア)に、「ATP1000 マドリード」ではマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)に敗れた。

「世界ランキングトップ10に入ったことについて振り返ると、それはずっと僕の夢だった。2021年のモンテカルロとマドリードは、僕の状況を一変させるものだった。そして、前に進み続け、 “僕は世界最大の舞台で最高の選手たちと競い合える”と思い続けるための自信を僕にくれた」

ルードはさらに、自身のプレースタイルはクレーに一番適していると認め、そのため2021年の「全仏オープン」での敗退はいっそう残念だったと話した。第15シードで出場したルードは、3回戦でアレハンドロ・ダビドビッチ フォキナ(スぺイン)にフルセットの末の手痛い敗戦を喫した。

しかし、これでくじけてしまうのではなく、ルードはこの敗戦を学びの経験としてとらえた。ルードは自分の「苦い」感情を、2022年にさらに強くなって帰ってきて同大会でもっと先まで勝ち進むための原動力にしたいと語った。

「クレーでプレーするのは楽しいよ。僕のプレースタイルはクレーにより適していると思う。他のサーフェイスよりもボールが少しだけ余計に跳ねるからね。僕のスピンをかけたショットはクレーでの方が少し重くなるから、対戦相手にとってはやりづらくなる。残念なことに、“全仏オープン”では僕が望んだようにうまくはいかなかった。あれはとても辛く苦い敗戦だったよ。それと同時に、復活の原動力を与えてくれるものでもある」

躍進を果たした2021年シーズンの良かった部分を振り返って、ルードはATPツアーでのハットトリックを思い入れ深そうに思い返し、この功績を忘れることは決してないだろうと話した。ルードは7月の「ATP250 バスタッド」、「ATP250 グスタード」、そして「ATP250 キッツビューエル」で3大会連続優勝を果たし、2011年のアンディ・マレー(イギリス)以降で初めて、3週連続でタイトルを獲得した男子選手となった。

「3大会連続で優勝した3週間のことは、この先もずっと覚えているだろう。最後の優勝は特に印象深い、連続で3つ目のタイトルだったから。でも3度の優勝の全てが、他の2度と全く同じようにすばらしく感じたよ」

世界ランキングでトップ10に入ったにもかかわらず、グランドスラムでのルードのこれまでの最高成績は4回戦進出だ。ルードは2022年にこの記録を修正することを望んでおり、今年の目標の1つは四大大会でベスト8に残ることだと明かした。

ルードはまた、ランキングで自分よりも上位の選手たちを「馬鹿みたいにいいテニス選手」と呼んだ。ルードはこのせいで、今はグランドスラムで優勝するのが難しいと考えているようだ。しかし、ルードは自分の可能性について慎重ながらも楽観的で、今後5年の間に一度はグランドスラムで優勝できると期待していることをうかがわせた。

「僕の目標の一つはグランドスラムの準々決勝まで勝ち進むことだ。ランキングでは自分より上に7人の選手がいて、彼らは馬鹿みたいにいいテニス選手だ。だから、5年後にグランドスラムで誰が優勝していて、誰が優勝していないか見てみようじゃないか。でももし僕が優勝できていたら、間違いなくすごく嬉しいだろうね」

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は2022年「ATP250ブエノスアイレス」でのルード
(Photo by Marcelo Endelli/Getty Images)

空いた時間にテニスがしたい。そんなあなたのための単発レッスン予約サービス「テニモ」
単発レッスン予約、都度払いでOK。入会金、月会費は0円。関東中心にサービスを展開中。
詳細はこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. ルード「テニスの最初の記憶はテレビで見たナダルの全仏オープン初優勝」