ニュース News

シフィオンテク「敗戦後にラファがメッセージをくれたから自分に怒らずにいられた」

写真は「全豪オープン」でのシフィオンテク

イガ・シフィオンテク(ポーランド)は、「全豪オープン」の準決勝で敗退した後に自分が冷静さを保てたのは、ラファエル・ナダル(スペイン)のおかげでもあると語った。シフィオンテクが明かしたところによると、試合の後にナダルから受け取ったテキストメッセージが、敗戦によって生まれた怒りを鎮めるのに役立ったという。スポーツウェブメディアSportskeedaが報じている。

20歳のシフィオンテクは今年の「全豪オープン」で自身2度目となるグランドスラムのベスト4進出を果たしたが、2020年の「全仏オープン」での成功を再現することはできなかった。準決勝ではシフィオンテクが勝利して決勝でアシュリー・バーティ(オーストラリア)と対戦する見込みが大きいと目されていたのだが、シフィオンテクは世界ランキング30位のダニエル・コリンズ(アメリカ)に4-6、1-6で敗れた。

最近行われたインタビューの中で、現在世界8位のシフィオンテクは「全豪オープン」での結末に対する気持ちを明かした。シフィオンテクはナダルから受け取ったメッセージが自分に元気をくれたと言い、自分を鼓舞する人物でいてくれるナダルに感謝を示した。

「ラファエル・ナダルは私をすごく鼓舞してくれる。彼は私の準決勝の後にメッセージをくれたの。そのおかげもあって、試合に負けた後に怒りを感じずにいられたわ。彼のメッセージは本当に私に翼を与えてくれた」

現在20歳のシフィオンテクは、ナダルが具体的にどんなメッセージをくれたのかは明かさなかったが、彼女が素晴らしいシーズンの幕開けを飾ったことに対してナダルが励ましの言葉をくれたことを示唆した。

さらに、ナダルはシフィオンテクが選手として正しい軌道に乗っているという意味合いのことを言ったらしく、これまでにシフィオンテクを成功に導いたのと同じことを今後も続けていくだけで良いと伝えたようだ。

「全てを詳しく明かすつもりはないわ。でもラファは、私が大会で素晴らしいプレーをしたこと、最高のシーズン幕開けを飾ったこと、そして次のステップに集中すべきだと言うことを強調していたわ。私は正しい方向に向かっていて、それはとても良い方向のように見えるからって」

シフィオンテクは、ナダルとダニール・メドベージェフ(ロシア)の対戦となった男子決勝で誰を応援するかについては、はっきりしていた。男子の準決勝ではナダルは第7シードのマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)を、メドベージェフは第4シードのステファノス・チチパス(ギリシャ)を下し、2019年の「全米オープン」決勝と同じ対戦が実現した。

長年のナダルファンであるシフィオンテクは、ナダルと彼の21度目のグランドスラム制覇に忠誠を誓っていることを明言した。決勝を前にして「ラファが準決勝で勝って、タイトルを懸けて決勝に出るのがすごく嬉しい」と言っていたシフィオンテクは、自分がまだメルボルンにとどまっていたら決勝を観戦したいと語っていた。

そして、シフィオンテクは実際にロッド・レーバー・アリーナで決勝を観戦することができたようだ。観客に交じって憧れのナダルを応援しているシフィオンテクの姿が、テレビでも放送された。Twitterで拡散された映像には、ナダルの極上のウィナーを見て驚きの表情を見せるシフィオンテクの姿が映されている。

この動画を見つけたシフィオンテクは、自身のTwitterでもこの動画をリツイートし、「試合中ずっとこんな顔をしていたの…私のおでこの筋肉はこの先2日間、文字通り筋肉痛でしょうね」という冗談を添えた。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「全豪オープン」でのシフィオンテク
(Photo by Daniel Pockett/Getty Images)

今すぐテニスがしたい!そんな時は「テニモ」
都度払いで入会金、月会費は0円、自分好みのスクールやレッスンを選んで通えるサービス。
現在、関東を中心にサービスを展開中。詳細はこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. シフィオンテク「敗戦後にラファがメッセージをくれたから自分に怒らずにいられた」