ニュース News

全豪オープンで最も再生された動画はチチパス、2位シフィオンテク

写真は「全豪オープン」のチチパス

世界ランキング4位のステファノス・チチパス(ギリシャ)は、「全豪オープン」でのグランドスラム初制覇が期待されていたが、準決勝でダニール・メドベージェフ(ロシア)に敗れて、それは叶わなかった。だが、「全豪オープン」公式YouTubeチャンネルでの動画再生数1位を獲得。テニス関連ニュースサイトTENNIS TONICが報じている。

再生数1位となったのは、チチパスがボールガールの窮状を救いに駆けつけるというシーンだ。ボールを拾うためか、コートの後方から駆けてきたボールガールの少女は、地面に虫がいることに気づき驚いて立ち止まる。放置するわけにもいかないが、虫が怖くて手が出せない様子だ。するとチチパスが小走りでやってきて、虫を拾ってラケットに載せると、無事に会場の隅の方で放してやり、観客が喝采。この動画は2月頭の時点で780万回再生されており、120万回再生の2位以下を大きく引き離して断トツの人気だ。

2位に入ったのは「イガ・シフィオンテク(ポーランド)はどうやってこのラリーを取ったのか?」という動画。準々決勝でのカイア・カネピ(エストニア)との対戦で、シフィオンテクは第1セットを取られながら第2セットを取り返し、最終セット5-3、40-15でマッチポイントを握っていた。カネピのサーブで始まったこの最後のラリーで、カネピはネットに出たりスマッシュを打ったりと激しく攻め続けるが、シフィオンテクはシューズをスライドさせて右へ左へ走り回り、拾いまくる。最後は前に出ながらラインぎりぎりに放ったカネピのショットがアウトになり、シフィオンテクが準決勝進出を決める。

続く人気動画は試合のハイライトで、3位がラファエル・ナダル(スペイン)対メドベージェフの男子シングルス決勝、4位がメドベージェフ対ニック・キリオス(オーストラリア)の2回戦。続いて、男子シングルスの優勝セレモニー。

ジャンル別では、記者会見ではチチパスを破って2年連続決勝進出を決めたメドベージェフの準決勝後のものが1位、グランドスラム初優勝を期待されながらデニス・シャポバロフ(カナダ)にストレートで敗退したアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)の4回戦後のものが2位。オンコートインタビューではマッテオ・ベレッティーニ(イタリア)を破ったナダルの準決勝後のものがトップで、2セット先取されながらフェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)に勝利した準々決勝後のメドベージェフのものがそれに続いている。

(WOWOWテニスワールド編集部)

*写真は「全豪オープン」のチチパス
Photo by Daniel Pockett/Getty Images

空いた時間にテニスがしたい。そんなあなたのための単発レッスン予約サービス「テニモ」
単発レッスン予約、都度払いでOK。入会金、月会費は0円。関東中心にサービスを展開中。
詳細はこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 全豪オープンで最も再生された動画はチチパス、2位シフィオンテク