ニュース News

モヤコーチ「ナダルが最高の状態に戻れば、どの大会でも優勝できる」

写真は2020年「ATP1000ローマ」でのナダルz

テニスの元世界王者ラファエル・ナダル(スペイン)のコーチを務めるカルロス・モヤ氏は、インタビューで様々な話題に触れ、慢性的な足の怪我からのナダルの回復や、シーズン開始に向けてのナダルの志についても語った。スポーツウェブメディアSportskeedaが報じている。

ナダルの足の怪我は昨年の「全仏オープン」期間中に悪化し、ナダルは回復のために長い休止期間を取ることを余儀なくされた。ナダルは今月の「ATP250 メルボルン」で公式戦に復帰し、見事に優勝。復帰初戦となった2回戦のリカルダス・ベランキス(リトアニア)戦では少しなまっているように見えたが、コートから離れていた期間を考えれば仕方のないことだ。

モヤ氏は、ナダルは間もなく始まる「全豪オープン」までに最高のテニスができるようになると自信を持っている。

「(ナダルには)試合が必要だ。誰であっても、トレーニングをするだけで最大限に能力を発揮することはない。よくトレーニングを積むと同時に、それを試合で実践しなければいけない。メルボルンで大会に出場している選手たちが、ナダルが“全豪オープン”に向けて彼のリズムを見出すのに一役買ってくれると確信しているよ」

ナダルがメルボルンで有力な存在になるかという質問に対して、「ああ、疑いなくね。彼がしばらくの間プレーしていなかったのは事実だけれど、間違いなくここでいい結果を出すと思うよ」とモヤ氏は「ATP250 メルボルン」の期間中に語っていた。

モヤ氏は、もしナダルが完全な健康を取り戻せば、 “出場するどの大会でも優勝する”ために闘うだろうと話す。

「5ヶ月が経ったけれど、僕たちが思いもしなかったことは何も起きていない。メドベージェフが“全米オープン”で優勝して、ズベレフが“Nitto ATPファイナルズ”で優勝したのは、予想の範囲内のことだった。例えば、誰かが予想外の勝ち上がりを見せてグランドスラムで優勝するようなことはなかった。多かれ少なかれ、僕たちが去った時のままだ。かいつまんで言えば、もしラファが最高の状態に戻れば、出場するどの大会でも優勝候補になる」

治療の効果がわからなかったために、ナダルの足の怪我については不確定要素が数多く存在したとモヤ氏は認めた。しかしながらモヤ氏によると、ナダルの「並外れた意志の力」が回復を助け、「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月17日~1月30日/ハードコート)に間に合うように怪我を振り切ることを可能にしたという。

「僕たちは不確実な瞬間を多く通り抜けてきた。ラファの足が良くならなかったからね。昨シーズンに別れを告げるのは簡単なことではなかったけれど、特に彼みたいに、競い合うのがとにかく大好きな人間にとってはなおさらだ。それから、医師のところに何度も通って、治療を受けて…。ここ1ヶ月ですごく良くなった」

「僕らは彼がどう反応するかわからなかった。かなりつらい瞬間も何度かあったけれど、彼の意志の力は並外れている。僕らは今ここにいて、彼がメルボルンでプレーしているのを見られて嬉しい。物事がうまくいくように、彼は準備万端だよ」

「全仏オープン」で優勝経験があるモヤ氏はさらに、ナダルの闘争心と、勝ち続けることへの渇望を称賛した。

「疑いが湧く瞬間もあるけれど、彼は信じられないほどの競争力ある選手だ。ほんの少し良くなると、競争力を保ち続けることや大きな大会での優勝を望むこと以上に彼が欲することはなくなる。こういうタイプの選手は、それが実現しないと分かった時に引退を考えるかもしれないけれど、ラファはそうじゃない。彼にそういうところは見えないよ」

(WOWOWテニスワールド編集部)

*写真は2020年「ATP1000ローマ」でのナダル
(Photo by Clive Brunskill/Getty Images)

今すぐテニスがしたい!そんな時は「テニモ」
都度払いで入会金、月会費は0円、自分好みのスクールやレッスンを選んで通えるサービス。
現在、関東を中心にサービスを展開中。詳細はこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. モヤコーチ「ナダルが最高の状態に戻れば、どの大会でも優勝できる」