ニュース News

23歳の元全豪女王ケニン、グランドスラム初優勝を遂げた地で復活を目指す

写真は「WTA500 アデレード1」でのケニン

昨シーズン、病気や怪我に苦しめられたソフィア・ケニン(アメリカ)は、「WTA500 アデレード」で約6ヶ月ぶりの実戦に臨んだ。大会に向けた練習中には涙を流す姿も見られたケニンだが、実際の試合の場では不安定な様子は微塵も見せず、1回戦で対戦した予選通過者のLucia Bronzetti(イタリア)にストレートで勝利した。2022年初戦を勝利で飾り、幸先の良いスタートを切ったケニンがインタビューに答え、復活への抱負を語った。WTA(女子テニス協会)公式ホームページが伝えている。

現在世界ランキング12位のケニンは、得意とするオーストラリアの地に戻ってきた。ケニンが頭角を現したのは2019年シーズンで、3大会で優勝。その後2020年に入り「全豪オープン」でトロフィーを獲得し、さらに「全仏オープン」で準優勝と好成績を収め、自身最高の世界4位まで順位を上げた。

WTA:約6ヶ月ぶりの試合で勝利して、今どのような気分ですか?

ケニン:100%ではなかったわ。でも調子は戻ってきている。ここに来る前、1ヶ月以上も準備してきた。難しいプレシーズンだった。6時に起きて、8時にトレーニングを開始、その後テニスをして、トレーニングに戻る。だから、現実に戻ってきたって感じね。少し休養が必要だと自分でも感じたわ。

トレーニングを始めるのは簡単じゃなかったけれど、やっていくうちに良くなってきた。ここに来るときは少し心配だったわ。新しい所に行くこと、旅をすることが少し変に感じたの。数日で慣れたけどね。ルーティンみたいに感じ始めたから。

だから、準備はうまくできたと思うわ。今は、すべての瞬間を楽しむだけ。しばらくプレーしていなかったから、プレッシャーを感じることはない。でも、うまくやりたいし、勝ちたいわ。だから、何も感じずにコートに出てるってわけじゃない。それが私なの。

WTA:2022シーズンが始まりましたが、競技に何を求めていますか?

ケニン:間違いなく、試合ね。上手くプレーできれば、より多くの試合ができるし、コートでもっとリラックスできる。もちろん、全てを勝てると思ってはいないけど、試合に勝てれば自信がつく。昔の私の考え方とは少し違うけど、そのうち取り戻せるわ。

私は、今でも負けず嫌いで威勢のいい子供、小さなディーバよ。ただ、色々なことに慣れるのに少し時間がかかるのね。

WTA:今シーズンの目標は決めましたか?

ケニン:もちろん、いい成績を残したい。(コーチである)父も期待している。目標はきっちりと決めていないの。今は、1試合ずつね。勝ちは勝ちとして、受け入れることにしている。6ヶ月プレーできなかった頃よりは、試合に出られるほうがずっと良いわ。だから、そういう意味ではプレッシャーは感じていない。」

でも、今年の終わりにトップ10に入れれば、もちろん最高ね。そこに行けるように努力するわ。最悪の場合、もし最初の半年が良くなかった場合でも、まだ残りの半分がある。去年は怪我と新型コロナウイルスで出場できなかった部分がね。だから、しっかり集中している限り、大丈夫だと感じている。今は集中できているし、元の状態に戻りつつあるわ。

WTA:今年、どんな事があれば嬉しいですか?

ケニン:言うまでもないけど、グランドスラムで何回か、もしくは1回でも優勝、あるいは後のほうまで勝ち進めれば、すごく嬉しいわ。生意気な子供みたいに聞こえるかもしれないけど、そうなれば最高ね。グランドスラムで少なくても準々決勝まで勝ち上がれれば、6ヶ月プレーできなかった私にすごく力を与えてくれるわ。

もちろん、健康であること。グランドスラムが全てではないしね。もっと他に大会はたくさんある。だから、もっと試合をこなせれば、復帰できているともっと感じられるし、もっと自信がつくわね。

[先日の]試合後、注目されるのは嬉しかったし、[これまでその機会がなく]寂しかった。ファンが恋しかった。コートに出て、試合が終わった後に愛のある喝采を送ってもらったわ。時々、みんなが私のことを忘れてしまったんじゃないかと感じることがあったから、すごく嬉しかった。その気分を思い出せて良かったわ。

WTA:2020年シーズンの感覚はどのくらい残っていますか?

ケニン:そうね、それを経験したのは確かだから、新人ってわけじゃないわ。自分を信じる気持ちや自信をさらに積み上げていこうとしている。以前に勝ったすべての試合で、自信をどんどん付けていった。だから、これから勝つ試合すべてが自信につながっていく。高いレベルでプレーできれば、もっと向上できると期待しているわ。

目指す場所へ戻りたいと思っている。これから丸1年あるわ。しばらくプレーしていなかったから、元に戻って、目指す場所に到達するには少し時間がかかるわね。今回の1回戦でできたみたいに、それよりうまくプレーできれば、昔の感覚にすぐに戻れると思う。でもレベル的には、もう到達しているわ。失ったことはないの。試合はしていなかったけど、それでも、私はそのレベルにあるとわかっているの。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「WTA500 アデレード1」でのケニン
(Photo by Sarah Reed/Getty Images)

空いた時間にテニスがしたい。そんなあなたのための単発レッスン予約サービス「テニモ」
単発レッスン予約、都度払いでOK。入会金、月会費は0円。関東中心にサービスを展開中。
詳細はこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

ストレートニュースから速報、動画など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 23歳の元全豪女王ケニン、グランドスラム初優勝を遂げた地で復活を目指す