ニュース News

大坂なおみが4ヶ月ぶりの公式戦に勝利。日比野菜緒も本戦出場決定[WTA250 メルボルン1]

「WTA250 アデレード1」での大坂なおみ

世界ランキング13位の大坂なおみ(日本/フリー)が約4ヶ月ぶりに公式戦に出場し、勝利を手にした。WTA(女子テニス協会)公式ウェブサイトが伝えている。

昨年の「全米オープン」で3回戦敗退に終わった後で休養を取った大坂は、11月にコートへ復帰。年末、新シーズンに向けてオーストラリアに到着していた。

そして第1シードとして臨んだ「WTA250 メルボルン1」(オーストラリア・メルボルン/1月4日~1月9日/ハードコート)では、世界61位のアリゼ・コルネ(フランス)と対戦。大坂は、第1セットの第5ゲームで迎えた3つのブレークチャンスは逃したものの、次の相手のサービスゲームを破って第1セットを取る。しかし第2セットでは、ファーストサーブのポイント取得率が第1セットの88%から50%に下がり、3-1から相手に5ゲームを連取されてセットカウント1-1に。だが第3セットに入って最初のサービスゲームをキープすると、直後にブレークに成功。そのままリードを保ち、6-4、3-6、6-3で勝利した。大坂は2回戦で世界54位のペトラ・マルティッチ(クロアチア)対世界82位のマリナ・ザネフスカ(ベルギー)の勝者と対戦する。

同大会には、世界104位の日比野菜緒(日本/ブラス)と世界150位の本玉真唯(日本/島津製作所)が予選から参戦。第12シードとして出場していた日比野は、1回戦で世界155位のカタジーナ・カバ(ポーランド)に6-3、6-0で快勝、2回戦では第4シードのダンカ・コビニッチ(モンテネグロ)が体調不良により棄権したため、本戦出場が決まった。一方の本玉は、1回戦で第9シードのビクトリヤ・トモバ(ブルガリア)に7-5、7-5で競り勝ったものの、2回戦で第2シードのAnna Bondar(ハンガリー)に6-7(4)、4-6で惜敗。

ほかには、「WTA500 アデレード1」(オーストラリア・アデレード/1月3日~1月9日/ハードコート)のダブルスで、ともにダブルス世界5位の青山修子(日本/近藤乳業)/柴原瑛菜(日本/橋本総業ホールディングス)ペアが第1シードとして今季初戦に臨むも、世界27位のビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)と世界8位のパウラ・バドーサ ジベルト(スペイン)のコンビに4-6、2-6で敗れている。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「WTA250 アデレード1」での大坂なおみ
(Photo by Darrian Traynor/Getty Images)

今すぐテニスがしたい!そんな時は「テニモ」
都度払いで入会金、月会費は0円、自分好みのスクールやレッスンを選んで通えるサービス。
現在、関東を中心にサービスを展開中。詳細はこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

ストレートニュースから速報、動画など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 大坂なおみが4ヶ月ぶりの公式戦に勝利。日比野菜緒も本戦出場決定[WTA250 メルボルン1]