ニュース News

250回目の新型コロナ陽性?オーストラリア入国選手の陽性反応が相次ぐ

「全豪オープン」でのペール

2022年のテニスシーズン開幕に向けて世界各国から多くの選手がオーストラリアへ集まる中、入国後に新型コロナウイルス陽性と判明した例も増えてきている。ロイター通信などが伝えた。

新シーズンに向けてオーストラリア入りした海外選手として最初の感染者となったのは世界ランキング14位のデニス・シャポバロフ(カナダ)。1月1日開幕の「ATPカップ」(オーストラリア・シドニー/1月1日~1月9日/ハードコート)に出場予定の彼は26日、シドニー到着後に受けた検査で新型コロナ陽性がわかったと報告していた。

その後、世界46位のブノワ・ペール(フランス)、世界11位のアナスタシア・パブリウチェンコワ(ロシア)もオーストラリア入国後に受けた検査で陽性に。

陽性となったことを29日にSNSで発表したペールは、2020年の「全米オープン」直前に新型コロナ陽性と判明して欠場する羽目になり、その後「ATP500 ハンブルク」でも前の感染により陽性反応が出ていた。今回またもや感染したことについて「250回目の陽性反応。新型コロナにはもう我慢できない」として怒りを露に。今年2月に行われた「全豪オープン」前にも自身の乗った飛行機に陽性者が出たことから厳しい隔離生活を送ることになり不満を口にしていた彼は、隔離生活が精神的に大きなダメージを与えるとして「新シーズンも同じ形でのスタートになった」と嘆いている。

「東京オリンピック」の混合ダブルスで金メダルを獲得、「全仏オープン」のファイナリストでもあるパブリウチェンコワは30日、2日前にオーストラリアへ到着したものの、検査で陽性となったため現在は隔離生活を送っていると明かした。ワクチン接種を終えていた彼女は、ドバイで新シーズンに向けて準備をしていたという。

ここ2週間ほどで、エマ・ラドゥカヌ(イギリス)、ラファエル・ナダル(スペイン)、オンス・ジャバー(チュニジア)、ベリンダ・ベンチッチ(スイス)、アンドレイ・ルブレフ(ロシア)、アスラン・カラツェフ(ロシア)、エフゲニー・ドンスコイ(ロシア)らが次々に新型コロナ陽性となっている。「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月17日~1月30日/ハードコート)開幕まで3週間を切る中、これ以上の感染者が出ないことを祈りたい。

(テニスデイリー編集部)

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全豪オープン」でのペール
(Photo by Hannah Peters/Getty Images)

空いた時間にテニスがしたい。そんなあなたのための単発レッスン予約サービス「テニモ」
単発レッスン予約、都度払いでOK。入会金、月会費は0円。関東中心にサービスを展開中。
詳細はこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 250回目の新型コロナ陽性?オーストラリア入国選手の陽性反応が相次ぐ