ニュース News

大坂、メドベージェフらが続々とオーストラリアへ

大坂、メドベージェフらが続々とオーストラリアへ

世界ランキング13位の大坂なおみ(日本/日清食品)をはじめとした選手たちが、2022年シーズン開幕に向けてオーストラリアへ続々と向かっている。スポーツウェブメディア Sportskeedaが報じた。

「全豪オープン」で2度優勝している大坂は、飛行機に乗った自身の画像をSNSに投稿。赤いパーカーにスウェットパンツという恰好でピースをしている彼女は、「オーストラリア、16時間後に会いましょう」とのメッセージを添えた。大坂は、1月4日からメルボルンで行われるWTA250大会に出場する予定となっている。

同じように、世界22位のココ・ガウフ(アメリカ)もオーストラリアへ向かうことを報告。ロサンゼルスの国際空港内で撮った自身の写真に「もうすぐオーストラリア!」と絵文字を添えている。

ほかには、世界2位のダニール・メドベージェフ(ロシア)、世界11位のフェリックス・オジェ アリアシム(カナダ)、世界28位のグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)らがオーストラリア入りしているようだ。

「全米オープン」覇者のメドベージェフはTwitterに「やあ、オーストラリア。戻ってこられてワクワクしているよ」とつぶやき、オジェ アリアシムはシドニーの国際空港にいる自身の写真に添えて「シドニーに到着。ということはつまり…テニスを再び生で見る準備はいい?」と綴っている。彼ら二人は1日開幕の「ATPカップ」(オーストラリア・シドニー/1月1日~1月9日/ハードコート)に出場予定だ。

そしてディミトロフはメルボルンで滞在している部屋の画像を投稿し、現地に到着したことを明かしている。こちらは4日スタートの「ATP250 メルボルン」(オーストラリア・メルボルン/1月4日~1月9日/ハードコート)に参戦する。

先日、オーストラリア入りした世界14位のデニス・シャポバロフ(カナダ)が、新シーズンに向けてオーストラリアに入国した海外選手として一人目の新型コロナウイルス感染者に。さらに、元世界王者のラファエル・ナダル(スペイン)、世界5位のアンドレイ・ルブレフ(ロシア)など、まだ現地入りしていない選手たちの中にも感染者が出始めている。今年最初のグランドスラムとなる「全豪オープン」(オーストラリア・メルボルン/1月17日~1月30日/ハードコート)に向けて、これ以上の感染者が出ないことを祈りたい。

(テニスワールド編集部)

※写真は「全豪オープン」での大坂なおみ
(Photo by Darrian Traynor/Getty Images)

空いた時間にテニスがしたい。そんなあなたのための単発レッスン予約サービス「テニモ」
単発レッスン予約、都度払いでOK。入会金、月会費は0円。関東中心にサービスを展開中。
詳細はこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

ストレートニュースから速報、動画など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 大坂、メドベージェフらが続々とオーストラリアへ