ニュース News

ジョコビッチがセルビア代表監督に!?

ジョコビッチがセルビア代表監督に!?

2022年の年明けとともに開幕する男子の国別団体戦「ATPカップ」(オーストラリア・シドニー/1月1日~1月9日/ハードコート)で、世界王者のノバク・ジョコビッチ(セルビア)がチームのナンバー1選手だけでなく、代表監督も務める可能性があると、セルビアのニュースサイト Telegrafが報じている。

サンプルテキストサンプ先日セルビアがベスト4に進出した「デビスカップ」で代表チームの監督を務めていたのは、元世界ランキング12位のビクトル・トロイツキ(セルビア)。今年の7月に35歳で引退した彼が「ATPカップ」でも監督を務めるものと思われていたが、トロイツキは同大会には同行しない意向を示している。

「この大会では監督の仕事がほぼないから、行くつもりはないんだ。チームのトップ2選手がシングルスをプレーすることはルールで自動的に決まっているから、監督が決めることは何もない。どちらかが怪我をした時だけ代わりの選手を選ぶくらいさ。だから、今のところ行く予定はないよ」

監督がいない場合、そのチームで最もランキングが高いシングルスの選手、あるいはそのコーチが代役を務めることになるため、本当にトロイツキが不在とならばジョコビッチか彼のコーチであるゴラン・イバニセビッチ(クロアチア)が監督を務めることになる。

ジョコビッチは世界33位のドゥサン・ラヨビッチ、世界42位のフィリップ・クライノビッチ、ダブルス世界36位のニコラ・チャチッチ、ダブルス世界97位のIvan Sabanovを率いて第1シードのチームとして「ATPカップ」に出場予定。Sabanov以外は「デビスカップ」にも出場していたメンバーだ。グループステージでグループAに振り分けられたセルビアは最初にノルウェーと当たり、ラヨビッチが世界346位のビクトル・ドゥラソビッチと、そしてジョコビッチが世界8位のキャスパー・ルードと対戦予定。その後はチリ、スペインと顔を合わせる。

(テニスデイリー編集部)

※写真は「東京オリンピック」有明コロシアムでのジョコビッチ

(Photo by Maja Hitij/Getty Images)

空いた時間にテニスがしたい。そんなあなたのための単発レッスン予約サービス「テニモ」
単発レッスン予約、都度払いでOK。入会金、月会費は0円。関東中心にサービスを展開中。
詳細はこちら>>

  1. Home
  2. ニュース
  3. ジョコビッチがセルビア代表監督に!?