ニュース News

大坂、望月、ルードも使用!ヨネックスが新素材・新構造採用のラケットを発売

大坂、望月、ルードも使用!ヨネックスが新素材・新構造採用のラケットを発売

ヨネックスが、シリーズ最速のボールスピードを実現し、パワーと柔らかな打球感を両立したテニスラケット、新「EZONE シリーズ」を2022年1月下旬より発売することを発表した。

近年のテニスでストロークのラリー戦を制するためには、操作性だけでなく、より強力なパワーとスピードが求められる。そのことに注目して開発された新「EZONE シリーズ」は、新素材・新構造を採用することで、柔らかい打球感を高めるとともに、ボールスピードの向上を実現している。

フレーム設計では独自の形状理論「アイソメトリック」を追求。そのおかげで、スウィートエリア(ボールを打つ時の衝撃や振動が少なく、快適と感じる許容範囲)が、一般的な円形ラケットに比べて上下左右に7%広くなった。さらに、打球エリアであるフレーム上部の断面をたわみやすくした新設計により、より柔らかい打球感と飛び性能を発揮する仕上がりに。

シャフト部には、素早い復元力を生む新素材「2G-Namd Speed(ツージーエヌアムド スピード)」を搭載。適度なしなりで柔らかさを維持しながら、その復元力によって高い反発性能を発揮するため、素早いしなり戻りを生み、ボールのスピードとパワーを高めてくれる。下部には、断面積を大きくした凸形状により剛性を高めた新構造を採用。高い面安定性で、オフセンターでも打ち負けない飛びが期待できる。

グリップに内臓されている特殊なメッシュ状の新振動吸収素材「Vibration Dampening Mesh(VDM)」は、余計な雑振動を抑える衝撃吸収性を備えており、柔らかい打球感やボールスピードの向上に一役買っている。

新「EZONE シリーズ」は、大坂なおみ(日本/日清食品)や、シーズン最終戦「Nitto ATPファイナルズ」ベスト4のキャスパー・ルード(ノルウェー)らが2022年シーズン初めより使用開始予定だ。(※トップ選手が使用するラケットはカスタマイズされたもの)

また、先日ヨネックスと用具使用契約を締結した、2019年「ウィンブルドン」ジュニア男子シングルス優勝経験を持つ望月慎太郎(日本/IMG Tokyo)も、「EZONE 100」のラケットと「POLYTOUR STRIKE 125」のストリングを使用開始。数十種類もの試作で試打を重ねた末に生まれたラケットは、望月が得意なバックハンドではさらにショットが伸びる、相手の意表を突くパワーをプラスし、サーブの威力も向上。本人も「目指すプレースタイルに合ったラケット」と満足しているという。

【製品情報】

ラインナップは、パワーヒッター向けEZONE 98、オールラウンドモデルのEZONE 100、軽量オールラウンドモデルEZONE 98L/100L/100SL、オーバーサイズモデルのEZONE 105、お求めやすいEZONE FEELのほか、ジュニア・キッズ向けの全12機種。

※カラーは全て共通でスカイブルーのみ

※全国のスポーツ用品取扱店にて販売

■2022年1月下旬発売

EZONE 98

フェイス面積:98平方インチ

重量:平均305g *G2,G3

素材:高弾性カーボン+2G-Namd Speed+VDM

税込価格:¥36,300

EZONE 100

フェイス面積:100平方インチ

重量:平均300g *G1,G2,G3

素材:高弾性カーボン+2G-Namd Speed+VDM

税込価格:¥36,300

■2022年3月上旬発売

YONEX JUNIOR 19

YONEX JUNIOR 21

YONEX JUNIOR 23

■2022年4月上旬発売

EZONE 98L

EZONE 100L

EZONE 100SL

EZONE 105

EZONE FEEL

EZONE 26

EZONE 25

(テニスデイリー編集部)

※写真は「全豪オープン」での大坂なおみ
(Photo by Quinn Rooney/Getty Images)

空いた時間にテニスがしたい。そんなあなたのための単発レッスン予約サービス「テニモ」
単発レッスン予約、都度払いでOK。入会金、月会費は0円。関東中心にサービスを展開中。
詳細はこちら>>

  1. Home
  2. ニュース
  3. 大坂、望月、ルードも使用!ヨネックスが新素材・新構造採用のラケットを発売