ニュース News

シャラポワが19歳で出演した"I Feel Pretty"CMについて語る

シャラポワが19歳で出演した"I Feel Pretty"CMについて語る

モデル並みの容姿から「ロシアの妖精」と呼ばれた元世界女王のマリア・シャラポワ(ロシア)が、19歳だった2006年に出演し大人気となったナイキのCMについて、懐かしさをにじませながら撮影当時の様子などを語った。スポーツウェブメディアSportskeedaが伝えている。

「大掛かりなCM撮影をした後に“全米オープン”に出場して、それが大会中に公開されて、そしてそれが私が初めて優勝した“全米オープン”になって。すごく特別なことだった。決勝のマッチポイントの後、最初に映されたCMがあれだったの。そういう偶然はなかなか起こらないわ」

撮影時の心情を尋ねられたシャラポワは、当時は自分が何をしているか、その重要性を完全には理解できていなかったと話す。

「私はまだ若過ぎて、全米のテレビコマーシャルに出演することの価値や重大さがわかっていなかったと思う」

当時を振り返り、そのCMはとても力強く、意味のある広告だった、とシャラポワは感じているという。広告が公開されたタイミングもまさにぴったりだった。

「今振り返ってみると、どれだけ特別なことだったか分かるわ。それに、タイミングがさらにそれを良いものにしていた。でも、[当時]私がその意味や力を理解していなかったことも良かったのかもしれない」

このナイキのCMでは、1957年にブロードウェイで初演され、間もなく新しい映画も公開になるミュージカル『ウエスト・サイド・ストーリー』の楽曲“I Feel Pretty(すてきな気持ち)”が使用され、シャラポワのとある1日を表現している。

ホテルの部屋で準備を終えたシャラポワは、ホテルを出てタクシーに乗り込み、試合会場へ向かう。パパラッチに追いかけられ、多くのマスコミやファンに囲まれながら会場へ入り、コートに入場するシャラポワは、周囲を気にも留めず毅然とした表情を崩さない。その間、ホテルマンやドライバー、案内係や同僚のテニス選手、解説者、ボールガール、観客など、周りの人間はすべて彼女の美しさに感銘を受けたように代わる代わる“I Feel Pretty”の一節を歌う。だが、シャラポワの放った強烈なリターンエースで音楽がぴたりと止み、代わりに盛大な拍手が巻き起こる、という内容だ。偏見にさらされがちな女性アスリートが、信念と実力で周りを黙らせる、そんな痛快さも感じさせる。

シャラポワが着用していたナイキのテニスウェアの宣伝が目的だったこのCMは大成功を収める。

商業的に成功しただけでなく、批評家からも絶賛された。女性アスリートを自信のある、力強い存在として表現したと評価され、広告やテレビ業界の賞をいくつも受賞した。

(テニスデイリー編集部)

※写真は2019年10月ニューヨークでのシャラポワ
(Photo by Dominik Bindl/WireImage)

今すぐテニスがしたい!そんな時は「テニモ」
都度払いで入会金、月会費は0円、自分好みのスクールやレッスンを選んで通えるサービス。
現在、関東を中心にサービスを展開中。詳細はこちら>>

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. シャラポワが19歳で出演した"I Feel Pretty"CMについて語る