ニュース News

『ウォーキング・デッド』俳優が語る、セレナの最も幸せな時期

『ウォーキング・デッド』俳優が語る、セレナの最も幸せな時期

ビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)とセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)を世界女王に育て上げたテニス未経験の父リチャード氏に焦点が当てられた伝記映画『ドリームプラン』が、2月23日(水・祝)より日本で公開される。米国では既に公開されており、アカデミー賞最有力候補と高評価を得ている作品だ。

『ドリームプラン』とは計画書のことで、セレナとビーナスが幼い頃、リチャード氏は2人をプロ選手として育て上げるために、78ページに及ぶ計画書を書き上げたという。そのリチャード氏を演じるのは映画『メン・イン・ブラック』などで有名なハリウッドスターのウィル・スミス。

セレナとビーナスの幼少期時代のコーチ、リック・マッチ役を務めるのは、人気ドラマ『ウォーキング・デッド』のシェーン役で知られるジョン・バーンサル。今回彼は、セレナ本人が明かしたマッチコーチとの思い出話について話してくれた。

「初めてリックについてセレナと話した時、彼女はリックのアカデミーでプレーしたことは人生で最も楽しかった時期の一つだと言っていた。彼のもとでプレーした人は皆楽しかったと口を揃えて言ったそうだ」

マッチコーチは、その陽気な性格でポジティブな雰囲気をアカデミー内にもたらしたという。バーンサルはまた、このコーチのスポーツに対する態度についても明かした。「彼はどんなこともゲーム形式にしてしまうんだ。もしどこかへ行かなければならない時はレース形式にするなど、どんなことでも競争にしてしまう、そのような物の見方はとても好きだね」

マッチコーチの人柄を絶賛するバーンサルが、本作でどのように彼の役を演じているのか注目したい。

映画『ドリームプラン』で若い頃のセレナを演じるのは、ブロードウェイの『ライオンキング』『スクール・オブ・ロック』などに出演しているデミ・シングルトン、若い頃のビーナスを演じるのは映画『フェンス』や『ドリーム』に出演したサナイヤ・シドニー。そして姉妹の母ブランディ役を演じるのはエミー賞に2度ノミネートされた経験を持つアーンジャニュー・エリスとなっている。ビーナス&セレナのファンはぜひ劇場に足を運んでみてほしい。

※写真はAFI映画祭ガラコレクションでのセレナとビーナス
(© 2021 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. 『ウォーキング・デッド』俳優が語る、セレナの最も幸せな時期