ニュース News

中国地区大会 女子優勝校 野田学園高等学校 インタビュー【大正製薬 リポビタン 第44回全国選抜高校テニス大会】

中国地区大会 女子優勝校 野田学園高等学校 インタビュー【大正製薬 リポビタン 第44回全国選抜高校テニス大会】

今回の中国地区大会で女子優勝校に輝いた田中聰規監督率いる野田学園高等学校の主将の藤永萌花(ふじながもえか)選手とS1の長谷川晴佳(はせがわ はるか)選手にインタビューを行った。

●主将 藤永萌花さん

Q:優勝を飾った原動力は何でしたか?
「今年チームは全員がメンバーになったので、自分の役目をはたせるように、日々の寮生活から一人一人が意識を高く持って、取り組んできました。チームをサポートして下さる沢山の方々にも、大きな力を貰いました」

Q:チームの目指していることを教えて下さい。
「キャッチフレーズは「前後裁断」です」

Q:主将としてのチームを率いる上で、心がけていることがありますか。
「日々の厳しさの中でも全員が切磋琢磨する事で強くなれるように、部員一人一人の心に寄り添う事です」

Q:今後の目標は何ですか。
「前後裁断の意味を一人一人が心掛けて、頭を使ったテニスで優勝します」

●S1 長谷川晴佳

Q:好きなプレースタイルは?
「ストローカー。 テンポの早いスタイルです」

Q:S1の選手として一番得意なショットは何ですか?
「フォアの鋭角クロスです」

Q:S1の選手として一番力を入れていることは何ですか?
「常に自分が相手より先に考え、状況を見極めてプレーをする練習です」

Q:S1としてチームにどのように貢献していきたいですか?
「自分のテニススタイルで勝ちに繋げて、チームに勢いがつくようにしたい。
そしてチームの勝利に繋がるようにしたいです」

Q:あなたにとってテニスはどんな存在ですか?
「全ての面においてこれからの人生経験を沢山教えてくれる存在です」

●田中監督からの総評コメント
「今年のチームは部員9名全員がメンバーになりました。普段の練習、寮生活から何の目的で行っているか、自分で理解して行動出来るようにオンコートとオフコートの考え方のトレーニングもしています」

「誰かにいつも頼るのではなく、常に自分の判断で決断し行動出来るように、テニスのプレーでも生かしてほしいと思います」

「シングルとダブルスのどちらに出場しても、一人一人の選手が対応出来るように
練習に取り組んでいます。全国選抜に向けて、選手の成長していく姿を見たいと思います」

野田学園高等学校の女子テニス部の皆さん、優勝おめでとうございます。
一人一人が意識を高く持つことを大切に、これからも全国大会目指して頑張ってください!

全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー宮崎愛伎代

※写真は中国地区大会の様子
(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)

  1. Home
  2. ニュース
  3. 中国地区大会 女子優勝校 野田学園高等学校 インタビュー【大正製薬 リポビタン 第44回全国選抜高校テニス大会】