ニュース News

四国地区大会 女子優勝校 新田高等学校インタビュー【大正製薬 リポビタン 第44回全国選抜高校テニス大会】

四国地区大会 女子優勝校 新田高等学校インタビュー【大正製薬 リポビタン 第44回全国選抜高校テニス大会】

今回の四国地区大会で女子優勝校に輝いた大年 遼監督率いる新田高等学校学校の主将の近藤唯(こんどうゆい)選手とS1の濱田暖菜(はまだはるな)選手にインタビューを行った。

●主将 近藤唯さん

Q:優勝を飾った原動力は何でしたか?
「チーム全員が"優勝"に向けて、1ポイント、1ポイント自分にできることをして、団体戦のメンバーに入れなかった応援してくれる仲間の分まで最後まで戦うという思いをもっていたことで優勝することができたと思います」

Q:チームの目指していることを教えて下さい。
「声を出して元気よくプレーすることです」

Q主将としてのチームを率いる上で、心がけていることがありますか。
近藤選手「先輩、後輩関係なく、部員全員が積極的に行動することができるチームになるように心がけています」

Q:今後の目標は何ですか。
「全国大会で1勝でも多く勝てるように、一人一人の技術の向上をさせ、チームの雰囲気をさらに良くしていきたいです」

●S1 濱田暖菜さん

Q:好きなプレースタイルは?
「守備を軸とするプレイスタイルです」

Q:S1の選手として一番得意なショットは何ですか?
「フォアハンドの逆クロスです」

Q:S1の選手として一番力を入れていることは何ですか?
「コートの深い所を狙って相手を攻めにくくさせることです」

Q:S1としてチームにどのように貢献していきたいですか?
「ただ勝つだけではなくて、次に試合に入るチームメイトを勇気づけることができるようなプレーをして、チーム全員で勝てるように、シングルス1として貢献していきたいです」

Q:あなたにとってテニスはどんな存在ですか?
「どのようなボールをどこへ狙うのかなど、試行錯誤するなかで、考える力を身に付けさせてくれて、厳しい練習からはメンタルや根性を鍛えさせてくれる存在です」

●大年監督からの総評コメント
「今年は四国地区大会に向けて、全員が自分の殻を破ることを目標にチーム作りをしてきました。選抜、インターハイと全国大会を経験している2年生を中心に、競った場面、勝ちたい場面で自分の実力を発揮できるように練習してきました。最初はおとなしかった1年生も、試合を経験するごとにだんだん殻が破れてきたかのように思えます。この四国大会でも、準決勝はダブルス2、決勝はシングルス3の1年生が団体戦の勝利を決めました。メンバーに入れなかった選手も含めてチーム全員で優勝をつかみ取ることができたので、自信をもって全国大会でも戦ってほしいと思います」

「また、コロナ禍でも、大会が開催されてテニスに打ち込めることに感謝して、これからの日々の練習にも励んでもらいたいです」

新田高等学校の女子テニス部の皆さん、優勝おめでとうございます。
声出しを頑張り、元気よくプレーするモットーを大切に、これからも全国大会目指して頑張ってください!

全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー宮崎愛伎代

※写真は四国地区大会の様子
(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)

  1. Home
  2. ニュース
  3. 四国地区大会 女子優勝校 新田高等学校インタビュー【大正製薬 リポビタン 第44回全国選抜高校テニス大会】