ニュース News

四国地区大会 男子優勝校 香川県立高松北高等学校インタビュー【大正製薬 リポビタン 第44回全国選抜高校テニス大会】

四国地区大会 男子優勝校 香川県立高松北高等学校インタビュー【大正製薬 リポビタン 第44回全国選抜高校テニス大会】

今回の四国地区大会で男子優勝校に輝いた加藤 章生監督率いる香川県立高松北高等学校の主将の中原仁誇(なかはらにこ)選手とS1の染川朋輝(そめかわともき)選手にインタビューを行った。

●主将 中原仁誇さん

Q:優勝を飾った原動力は何でしたか?
「何としても勝ちたいという熱い思いです。今まで四国大会では準優勝が続き、悔しい思いをしてきました。その悔しさや、先輩たちの思い、自分たちが成長したいという思い、1人1人の思いが原動力になりました」

Q:チームの目指していることを教えて下さい。
「"逆境に強く""思いやりをもったチーム"メリハリのある元気で明るい雰囲気が作れるチームを目指しています」

Q:主将としてのチームを率いる上で、心がけていることがありますか。
「チームの1人1人とよくコミュニケーションをとり、仲間の異変などに一早く気づけるようにしています。練習では、自分自身が暗くならず、元気に明るく声をだそうと気をつけています。優しい面だけではなく、思いやりのある厳しさで、メリハリのある練習を作ろうと取り組んでいます」

Q:今後の目標は何ですか。
「3月に行われる全国選抜でベスト8以上に入ることです!」

●S1 染川朋輝さん

Q:好きなプレースタイルは?
「ラリーをして、チャンスがあったらコートの中に入って、フォアハンドで攻めるスタイルです」

Q:S1の選手として一番得意なショットは何ですか?
「回り込みフォアハンドの逆クロスです」

Q:S1の選手として一番力を入れていることは何ですか?
「ストロークの強化です。全国の強敵に打ち負けないショットを打てるようにすることです」

Q:S1としてチームにどのように貢献していきたいですか?
「シングルス1は一番最初に試合に入るので、自分が勝って、チームのみんなが楽に戦えるようにしたいです。また、声を出したりして、盛り上げていきたいです」

Q:あなたにとってテニスはどんな存在ですか?
「生活の一部であり、自分を成長させてくれたり、変えてくれた存在です」

●加藤監督からの総評コメント
「選抜四国地区大会では、第40回大会を最後に、優勝から遠ざかっていました。今年こそは何としても優勝したいという思いを選手達に伝え、新チームをスタートさせました。平坦な道のりではなく、躓くこともありましたが、その都度反省し、困難から逃げずに成長していきました」

「今大会初戦も、S1が敗れ、D1も0-3という難しい状況でした。その中でも冷静に戦術を組み立てたり、プレーを修正できたり、取り組んできたことが生かされていると実感できました」

「今年のチームは多様なオーダー編成が可能であり、初戦から決勝まですべてオーダーを変えました。応援も含め、どのポジションであろうと、選手達がその責任を果たそうと懸命に戦ってくれたことが一番の勝因です」

「選手の力を最大限発揮させてくれたトレーナー、会場に入れないにもかかわらず、変わらず支えていただいた保護者の方々、指導や声掛けという形で自分達の思いを後輩に託してくれた3年生、普段から指導していただいているコーチの方々、すべての思いが1つになり、"チーム北高"で勝ち取った優勝です。監督、選手ともに、この結果に驕ることなく、これからも謙虚な姿勢で取り組み、必ず目標を達成します」

香川県立高松北高等学校の男子テニス部の皆さん、優勝おめでとうございます。
何としても勝ちたいという熱い思いを大切に、これからも全国大会目指して頑張ってください!

全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー宮崎愛伎代

※写真は四国地区大会の様子
(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)

  1. Home
  2. ニュース
  3. 四国地区大会 男子優勝校 香川県立高松北高等学校インタビュー【大正製薬 リポビタン 第44回全国選抜高校テニス大会】