ニュース News

近畿地区大会 女子優勝校 相生学院高等学校インタビュー【大正製薬 リポビタン 第44回全国選抜高校テニス大会】

近畿地区大会 女子優勝校 相生学院高等学校インタビュー【大正製薬 リポビタン 第44回全国選抜高校テニス大会】

今回の近畿地区大会で女子優勝校に輝いた丸尾 幸弘監督率いる相生学院高等学校等学校の主将の小畑コトリ(おばたことり)選手とS1の里菜央(さとななか)選手にインタビューを行った。

●主将 小畑コトリさん

Q:優勝を飾った原動力は何でしたか?
「監督の指導をはじめとし、伝統を引き継ごうと毎日練習に来て切磋琢磨してくれた先輩方の思いでチームが一つになり、一人一人が集中して練習に取り組めました」

Q:チームの目指していることを教えて下さい。
「男女アベック優勝です」

Q:主将としてのチームを率いる上で、心がけていることがありますか。
「部員一人一人とコミュニケーションをとり、部員全員が楽しく集中して練習に取り組めるよう努めています」

Q:今後の目標は何ですか。
「男女アベック優勝することです」

●S1 里菜央さん

Q:好きなプレースタイルは?
「守る時は守って、攻めるときは攻めるスタイルです」

Q:S1の選手として一番得意なショットは何ですか?
「バックハンドです」

Q:S1の選手として一番力を入れていることは何ですか?
「ベストショット時のポジションです」

Q:S1としてチームにどのように貢献していきたいですか?
「夏のインターハイでは自身の力不足とメンタルを最後まで保てなかったこともあり、チームの役に立てず、ベスト8で終わってしまいました。この悔しさを忘れず、最後まで強気でいき、まずは一勝して流れを作り、チームを盛り上げていければと思います」

Q:あなたにとってテニスはどんな存在ですか?
「一番楽しい時間であり、生きがいです」

●丸尾監督からの総評コメント
「大会を通して全勝したシングル1の里をはじめ、全国経験の少ない選手全員で勝ち取った優勝でした」

「シングルに出た選手もダブルスに出た選手も県予選以降、自分達の役割、やるべき事、やらなければならない事を理解し練習してきたこと出せ、ギリギリの試合を競り勝ち、近畿8連覇を成し遂げ、伝統を引き継げた選手全員にとって、とても良い経験になった大会です」

「今大会を糧にして、全国選抜では目標である男女アベック優勝を実現する為、日々全員で切磋琢磨し、全力で練習に取り組んでいきます」
 
相生学院高等学校の女子テニス部の皆さん、優勝おめでとうございます。
部員一人一人とコミュニケーションを大切に、これからも全国大会男女アベック優勝目指して頑張ってください!

全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー宮崎愛伎代

※写真は近畿地区大会の様子
(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)

  1. Home
  2. ニュース
  3. 近畿地区大会 女子優勝校 相生学院高等学校インタビュー【大正製薬 リポビタン 第44回全国選抜高校テニス大会】