ニュース News

近畿地区大会 男子優勝校 相生学院高等学校インタビュー【大正製薬 リポビタン 第44回全国選抜高校テニス大会】

近畿地区大会 男子優勝校 相生学院高等学校インタビュー【大正製薬 リポビタン 第44回全国選抜高校テニス大会】

今回の近畿地区大会で男子優勝校に輝いた荒井 貴美人監督率いる相生学院高等学校等学校の主将の唐津裕貴(からつゆうき)選手とS1の三城貴雅(みしろたかまさ)選手にインタビューを行った。

●主将 唐津裕貴さん

Q:優勝を飾った原動力は何でしたか?
「監督・コーチとの信頼関係と、毎日練習してきたことへの自信です」

Q:チームの目指していることを教えて下さい。
「みんなで切磋琢磨し、個々の力もチーム力もアップすること!そして何よりもテニスを楽しむことです!」

Q:主将としてのチームを率いる上で、心がけていることがありますか。
「部員全員とコミュニケーションを取り、チームワークをより深めることです」

Q:今後の目標は何ですか。
「全国選抜高校テニス大会までに全員がレベルアップをして、更に一致団結する事!全国選抜高校テニス大会3連覇を目指して頑張りたいと思います!」

●S1 三城貴雅さん

Q:好きなプレースタイルは?
「高めの軌道で相手を嫌がらせて、バックハンドで攻め込むプレー。サーブ&ボレーです」

Q:S1の選手として一番得意なショットは何ですか?
「バックハンドです」

Q:S1の選手として一番力を入れていることは何ですか?
「サービスの強化です」

Q:S1としてチームにどのように貢献していきたいですか?
「シングルス1として1試合目でしっかりと勝利し、チームの流れを作ること。試合が終わった後にはベンチコーチやコートの外で全力で応援したいです」

Q:あなたにとってテニスはどんな存在ですか?
「僕にとってテニスはかけがえのない存在です。なぜなら自分にテニスが無かったら何も残らないぐらいテニスに人生をかけてきたからです」

●荒井監督からの総評コメント
「今年度の相生学院高等学校は全国大会の試合を経験している生徒ばかりになります。前年度に優勝した時のメンバーもレベルの高い選手が多かったのですが、今年のチームは国際大会で活躍したり、全日本ジュニアでも活躍している選手が沢山出場します。今まで以上に力強いプレーが出来る事でしょう」

「相生学院高等学校の伝統である積極的な攻撃主体のプレーをしていく事はもちろんですが、ダブルスではIフォーメーションに更に磨きが掛かり、今まで以上に攻撃的なプレーをしていきます」

「チーム全体の雰囲気もとても良くて、普段の練習中から試合の雰囲気がピリピリと伝わってくる凄く良いチームです。試合に出ているメンバーだけでなく、出場していないメンバーも含めて全国選抜高校テニス大会3連覇を目標に切磋琢磨しています。1人1人が目標達成に向けて日々、切磋琢磨している良いチームです」

相生学院高等学校の男子テニス部の皆さん、優勝おめでとうございます。
監督・コーチとの信頼関係を大切に、日々練習に取り組み、これからも全国大会目指して頑張ってください!

全国選抜高校テニス大会 チーフアドバイザー宮崎愛伎代

※写真は近畿地区大会の様子
(©全国選抜高校テニス大会実行委員会)

  1. Home
  2. ニュース
  3. 近畿地区大会 男子優勝校 相生学院高等学校インタビュー【大正製薬 リポビタン 第44回全国選抜高校テニス大会】