ニュース News

ジャバー、セレナとダブルスで組むことについて語る

「WTA1000 マドリード」でのジャバー

世界ランキング4位のオンス・ジャバー(チュニジア)が、元世界女王のセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)と組んで「WTA500 イーストボーン」(イギリス・イーストボーン/6月19日~6月25日/グラスコート)のダブルスに出場することになった経緯や今の心境について語った。伊ニュースサイト UBI Tennisなど複数のメディアが報じている。

昨年の「ウィンブルドン」1回戦でハムストリングを痛めて棄権して以来ツアーから離脱していたセレナは今月14日、「ウィンブルドン」(イギリス・ロンドン/6月27日~7月10日/グラスコート)にワイルドカード(主催者推薦枠)で出場することを発表。セレナは同日に、「ウィンブルドン」の前の週に行われる「WTA500 イーストボーン」でジャバーと組んでダブルスに出場することも発表しているのだが、二人はこれまでに対戦したことも練習したこともない。

米テニス雑誌 Racquet Magazineのインタビューの中で、ジャバーはセレナとダブルスを組むことについてこう話している。

「今でも感激しているわ。“全仏オープン”の前に知ったんだけど、彼女と一緒にプレーできるのは光栄なこと。すごく緊張しているけど、これからの1週間はダブルスのスペシャリストとして、ミスをゼロにすることを目指すわ。彼女のようなレジェンドと一緒にプレーできるのはとても光栄なことだし、同じコートに立てるなんて信じられない。対戦したこともない二人が隣でプレーするなんて。私たちはチームということね」

「彼女が私を選んでくれてすごくラッキー。アンディ・ロディック(アメリカ)のようなサーブや、(ボブとマイクの)ブライアン兄弟(アメリカ)のようなボレーを決めて、コート上で100%の力を発揮できるよう頑張るわ。来週のイーストボーンに向けては今まで以上にワクワクしている。お互いにとって素晴らしい大会になることを願っているわ」

セレナが、14個のグランドスラムタイトルを一緒に獲得した姉のビーナス・ウイリアムズ(アメリカ)以外の選手とダブルスで組むのは珍しい。セレナがほかに組んだことのある女子選手はマルチナ・ナブラチロワ(アメリカ)、アレクサンドラ・スティーブンソン(アメリカ)、アリソン・リスク(アメリカ)、カロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)だけで、ジャバーが5人目となる。

そんなセレナがジャバーと組むことになった経緯について、ジャバーはこう説明している。「私のコーチが彼女のコーチであるエリック(ヘクトマン)と連絡を取り合っているの。セレナとダブルスを組むか?って聞かれて、答えはもちろんイエスだったわ。彼女が復帰することは知っていたけど、どの大会かまでは知らなかった。私自身もイーストボーンに出場するか迷っていたけど、今はダブルスを戦うためだけにでも絶対に行くわ」

ジャバーが言うエリック・ヘクトマン(アメリカ)はもともとビーナスのコーチだが、今回セレナのコーチも務めることになった。セレナは昨年に怪我をするまで、10年間にわたってパトリック・ムラトグルー(フランス)の指導を受けており、その間に二人は10個のグランドスラムタイトルと金メダルを1つ獲得。だが、セレナが長らくツアーを離れている間にムラトグルーは元世界女王のシモナ・ハレプ(ルーマニア)のコーチを務めるようになり、最近になってセレナとの関係を正式に解消したことを認めている。

普段はシングルスの試合に特化し、今年の「WTA1000 マドリード」で優勝しているジャバーだが、実は昨年の「WTA250 バーミンガム」でエレン・ペレス(オーストラリア)と組んで準優勝を果たしている。「WTA500 イーストボーン」でジャバーはシングルスにも出場するが、セレナはダブルスだけとなる。

(WOWOWテニスワールド編集部)

※写真は「WTA1000 マドリード」でのジャバー
(Photo by Burak Akbulut/Anadolu Agency via Getty Images)

WOWOWテニスワールド編集部

WOWOWテニスワールド編集部

facebook twitter

速報や最新ニュース、グランドスラム、ATP、WTAなどの大会日程と試合結果情報など、テニスのすべてをお届けします!

WOWOWテニスワールド

  1. Home
  2. ニュース
  3. ジャバー、セレナとダブルスで組むことについて語る